ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > PCB特別措置法関連情報 > 千葉県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画について

更新日:平成27(2015)年6月12日

千葉県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画について

ポリ塩化ビフェニル廃棄物(以下「PCB廃棄物」という。)の確実かつ適正な処理を行うために「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下、「PCB特別措置法」という。)」に基づき、「千葉県廃棄物処理計画」及び国が策定する「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画」に即して、県内におけるPCB廃棄物の確実かつ適正な処理に関する計画として「千葉県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」を策定しています。

平成26年6月にポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画が変更されたことを受け、千葉県PCB廃棄物処理計画を改訂(平成27年3月)しました。

 

  1. 目的
  2. 対象区域
  3. 対象物
  4. 計画期間
  5. 処分期間
  6. 処分先
  7. PCB廃棄物の保管量、使用量及び処分見込量
  8. PCB廃棄物の処理の体制と推進方策

 1.目的

PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を総合的かつ計画的に推進するための方策を定めることにより、PCB廃棄物による環境汚染を未然に防止し、もって県民の健康の保護及び生活環境の保全を図ること。

 2.対象区域

千葉県全域

 3.対象物

県内で保管または使用されているPCB特別措置法で規定されているPCB廃棄物

 4.計画期間

平成39年3月31日まで

 5.処分期間

  1. 高濃度PCB廃棄物
    • 高圧トランス・コンデンサ等・・・平成35年3月31日までに処理を完了する。
      (処理が容易でない機器等は平成38年3月31日まで)
    • 安定器等・汚染物・・・平成36年3月31日までに処理を完了する。
      (処理が容易でない機器等は平成38年3月31日まで)
  2. 低濃度PCB廃棄物(微量PCB汚染廃電気機器等及び低濃度PCB含有廃棄物)・・・平成39年3月31日までに処理を完了する。

 6.処分先

  1. 高濃度PCB廃棄物
    • 高圧トランス・コンデンサ等・・・中間貯蔵・環境安全事業株式会社東京PCB処理事業所
      ※なお、高圧コンデンサの一部は北九州PCB処理事業所において処理されます。
    • 安定器等・汚染物・・・中間貯蔵・環境安全事業株式会社北海道PCB処理事業所
  2. 低濃度PCB廃棄物・・・無害化処理認定施設等

 7.PCB廃棄物の保管量、使用量及び処分見込量

  1. PCB廃棄物の保管量及び使用量
    県内で保管されているPCB廃棄物及びPCBを含む使用機器の量
  2. PCB廃棄物の処分見込量
    高圧トランス等のPCB廃棄物、自社処理されるPCB廃棄物

 8.PCB廃棄物の処理の体制と推進方策

  1. PCB廃棄物の処理体制
  2. PCB廃棄物を保管している事業者等,処理事業者及び行政の役割
  3. 関係者相互の連携

計画本文のダウンロード

参考

国の計画については、以下のリンク先を御参照ください

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課指導企画班  

電話番号:043-223-2757

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?