ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月10日

食品衛生体験実技

「ちば食の安全・安心出前講座」の一環として、希望により講義と併せて食品衛生体験実技を実施することができます。

※実施人数及び講座の時間によっては対応できない場合もあります。実施を希望する際はご相談ください。

内容(一例)

1 手洗いの実践

手についているバイ菌を見る実験

手洗いパネル

手洗いチェック

手に蛍光ローションをつけた後、実際に手洗いをして、洗えていない所をチェックする実験をします。
蛍光ローションは、普通の光では見えませんが、紫外線が当たると紫色に光ります。
(テーマパークなどで再入園するときにも使われています。)

 

手洗い実験1

手洗い実験2

 

 

手洗いチェッカー

※正しい手洗いの方法は、テキスト3ページ(PDF:544KB)

水の衛生のチェック

水の中のバイ菌を殺すための「塩素」という薬品が入っているかどうかをDPD試薬(ジエチルフェニルジアミン)を使ってチェックします。

DPD試薬を入れる前の水

試薬を入れる前の水

DPD試薬を入れた後の水
(塩素が入っているとピンク色になります。)

試薬を入れた後の水

食器洗浄方法のチェック

ヨウ素デンプン反応を利用して食器がきちんと洗えているかどうかをチェックします。

ヨウ素

(紫色になっているところはごはん粒やジャガイモなどの洗い残しがあるところです。)

※ルゴールの代わりにイソジン(ヨウ素系うがい薬)でも実験できます。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課企画調整班

電話番号:043-223-2638

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?