ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 県税 > 県税に関するパンフレット・資料など > 税の学習 > 身近な税金にはどんなものがあるだろう

更新日:平成29(2017)年3月11日

身近な税金にはどんなものがあるだろう

学生でも支払う税金があります。マンガを買う時でもお菓子を買う時でも、その代金の支払を通じて税金を払っています。聞きなれたものかもしれません、「消費税」というものです。

社会人になって働くようになったら、支払う税金が多くなります。会社に勤めている人は、毎月の給料から「所得税」や「住民税」を支払っています。

また、自動車を買う時には「自動車取得税」を、家や土地を買う時には「不動産取得税」を支払うこととなります。また、これらを所有していると毎年、「自動車税」や「固定資産税」を支払うこととなります。

嗜好品(しこうひん)にも税金が発生します。お酒を飲む人は「酒税」が課せられますし、タバコを吸う人は「たばこ税」が課せられます。

休日にゴルフをしたり温泉に行く人はいませんか。これらにはそれぞれ「ゴルフ場利用税」、「入湯税」がかかります。

このように我々の暮らしの中では、様々な税金が発生しているのです。税金は、県税で12税目、市町村税で13税目、国税で24税目あるのです。

ゴルフイラスト

温泉イラスト

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課企画税制班

電話番号:043-223-2128

ファックス番号:043-225-4576

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?