ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月13日

ページ番号:333725

その10「浄水器」の訪問販売。そのときに注意することは?

水道水の水質に関して、お客様からご質問の多いものにお答えします。
今回は、「浄水器」の訪問販売の中で、悪質な訪問販売業者による、お客様からの苦情や問い合わせがあることから、「浄水器の訪問販売での注意点」について、くわしくお答えします!

千葉県営水道が「浄水器の販売」やお願いしてない水質検査」ってしているの?

水道関係者を装い、無料点検として水質検査後に浄水器を販売する等、不当な方法で、浄水器の販売活動を行っている事例が見られます。
千葉県営水道では、「浄水器の販売や斡旋」、「お客様から依頼のない水質検査」「電話によるアンケート」等は行っていませんので、くれぐれもご注意ください。

※貯水槽水道巡回サービスでは、貯水槽の設置者に事前に承諾をいただいた上で、水質検査を実施しています。
なお、巡回サービスに関するお客様の費用負担はありません。
くわしくは「水道関係者を装った詐欺的行為にご注意ください!」

千葉県営水道では浄水器の販売やお願いされていない水質検査はしていないよ

家の水道水に薬を入れたら色がついて危険だと言われたけど本当?

訪問販売業者が、有害なものを調べる薬として水道水に入れ、「水道水にこのような色が付くのは、健康に有害なものが含まれている。浄水器を通せば安全な水になる」と宣伝することがあります。
これは、残留塩素の濃度を測る方法(比色法)で用いる、水道水中の残留塩素と反応して発色する試薬(DPD試薬など)を使っているだけにすぎません。水道水は残留塩素を確保しているため、試薬と水道水中の塩素が反応して発色しますが、正常ですのでご安心ください。
浄水器を通した水等、残留塩素がない水では、発色しません。

※DPD試薬は、水道水中の残留塩素と反応するとピンク色に発色します。
「残留塩素」については、「水道水」で気になる「塩素のにおい」って?をご覧ください。

薬で水の色が変化するのは水道水に含まれる塩素があるからなんだよ

訪問販売で「浄水器」を購入してしまった。解約したい場合はどうすればいいの?

浄水器の訪問販売で、悪質な業者から購入してしまい困ったという、契約や販売方法に関する相談が多くあるようです。
浄水器の訪問販売の場合、契約書面を受け取った日から8日間以内であれば、使用した後でもクーリング・オフ(無条件で解除)ができます。
クーリング・オフの期間が過ぎていても販売方法等に問題がある場合は、解約できることがありますので、詳しくは、千葉県消費者センターへご相談ください。

参考:千葉県消費者センター
「クーリング・オフ制度について」

浄水器の訪問販売で困った時は消費者センターに相談してね

お問い合わせ

所属課室:水道部計画課おいしい水づくり推進班

電話番号:043-211-8632

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?