ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月11日

その3健康を支える「水」。正しい飲み方って?(パート1)

(1)人の体はどれくらい「水分」があるのかな?

水は、生命に欠かせないものであり健康を支えるもの。人の体重の約60%は「水分」なんだよ。
1日のうちに人の体に補給する水分(食事や飲み水等)と出ていく水分(尿や汗等)は、ほぼ同じ約2.5L。
体に補給する水分のうち、飲み水は1.2L位なんだ。1日における人体の水分の収支を示すイラスト、ポタリ吹き出し、1日に2.5Lの水が出たり入ったりしているんだね

 


(2)水を飲まないとどうなるの?

体から出ていく水分(尿や汗等)の量と同じ量の水分を補給すれば問題ないけど、水分の補給が足りないと「脱水症」になってしまうんだ。
運動中や暑い時は、汗が多くなるからそれに見合う水分を補給することが必要だよ。
※体重の1%(約500ml)程度の水がなくなると、のどの渇きを感じ、4~5%の水がなくなると吐き気や頭痛等の症状、さらになくなると危険な状態となります。お気をつけください。脱水症でぐったりしたポタリの吹き出し、水分の補給がたりないと脱水症になってしまうんだ

(3)いつどれだけ飲んだらいいのかな?

飲む方法は「飲みたいときに」「飲みたいだけ」「飲む」のが基本だよ。水分は、「早めに」「こまめに」補給することを、習慣にしてくださいね。
寝る前や起きた時、運動中やその前後、入浴の前後、そして、のどの渇きを感じる前に水分を補給することが大切だよ。
※のどの渇きを感じたときには、すでに「脱水状態」になっているといわれています。就寝前、起床後、運動中やその前後、入浴の前後などのイラスト、ポタリ吹き出し、早めにこまめに飲むんだね

(4)水分補給。何を飲んだらいいのかな?

甘い飲み物等、砂糖や塩分等の濃度が高いと、胃から腸へ水分の移動が遅くなって吸収まで時間がかかるので、糖質は低いとか、含まないと表示してある飲料がおすすめなんだ。
水分補給には「水道水」で十分といわれているよ。健康のために、しっかり水分。冷やした「水道水」を飲もうね!
※医師から飲水を制限されている場合は、医師の指示に従ってください。糖分が低い、含まない飲料等や冷やした水道水を飲むイラスト、ポタリ吹き出し、冷やした水道水を飲もうね

お問い合わせ

所属課室:企業局 水道部計画課おいしい水づくり推進班

電話番号:043-211-8632

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?