ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月10日

トリハロメタンについて

水道水は病原菌等で汚染されないよう塩素で消毒しています。

しかし、塩素には消毒効果のほかに酸化作用もあり、原水中の有機物と反応してトリハロメタンを生成してしまいます。

そのため、浄水場では粉末活性炭処理や高度浄水処理(オゾン処理及び粒状活性炭処理)によりトリハロメタンの低減化を行い、安全な水道水を供給しています。

水道水のトリハロメタンは、ヤカンやナベのフタをあけたまま約5分間沸騰を続けるとほとんど除去できます。(消毒効果のある塩素も沸騰により除去されてしまいますので、沸騰後はお早めにお使いください。)

また、活性炭入りの浄水器等でも除去できますが、除去能力は次第に低下しますので、メーカーの使用法に従い定期的にメンテナンスを実施してください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:企業局 水道部浄水課水質管理班

電話番号:043-211-8673

ファックス番号:043-274-9805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?