ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月10日

O-157について

大腸菌は、人間をはじめ家畜など動物の腸内に存在しており、ほとんどは無害ですが一部に食中毒の原因になるものあり、これらを病原性大腸菌と呼んでいます。

病原性大腸菌には、いくつか種類がありますが、腸管出血性大腸菌O-157は、血便と腹痛を主な症状とする出血性大腸炎を引き起こし、平成8年8月16日に指定伝染病となりました。

腸管出血性大腸菌O-157による感染は、この菌に汚染された食品や水を大量に摂取した場合に起こることが多いとされています。

しかし、これらの細菌類は浄水場でほとんどが除去され、わずかに残ったものも塩素で消毒されていますので、水道水で腸管出血性大腸菌O-157に感染することはありません。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:企業局 水道部浄水課水質管理班

電話番号:043-211-8673

ファックス番号:043-274-9805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?