ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年6月5日

水道水の保存について

水道水は病原菌で汚染されないように塩素で消毒しています。

水道水中に残っている消毒効果のある塩素を残留塩素と呼び、水道法では水道水の安全を確保するため、蛇口の水道水の残留塩素濃度を0.1mg/L以上(遊離残留塩素)保持することが定められています。

当局の水道水(蛇口)の残留塩素濃度の平均は0.6mg/L程度(平成29年度現在)です。水道水を保存する場合、残留塩素は減少しやすいため、保存方法に気をつける必要があります。

保存する容器は大きいほどよく、密閉できるものを選び、十分洗浄してから水を貯め、容器内部に空気が入らないように密閉し、約3日を目安に交換してください。

また、光が当たったり水温が高いと残留塩素が早く減少しますので、冷蔵庫などの冷暗所に保存してください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:企業局 水道部浄水課水質管理班

電話番号:043-211-8673

ファックス番号:043-274-9805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?