ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > ごみ・廃棄物・リサイクル > 3R(スリーアール) > ちばエコスタイル > ちば食べきりエコスタイル(ちば食べエコ) > 「ちば食品ロス リデュースチャレンジ!フォトコンテスト」審査結果を発表します

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年5月11日

ページ番号:420827

「ちば食品ロス リデュースチャレンジ!フォトコンテスト」審査結果を発表します

発表日:令和3年3月5日
環境生活部循環型社会推進課

県では、食品ロスの削減を図るため、「ちば食品ロス リデュースチャレンジ!フォトコンテスト」をInstagramアカウント「ノコサーヌ(@nokosa_nu.chiba)」内で実施し、1,199点の応募をいただきました。

厳正な審査を行い、大賞をはじめ各賞を決定しましたので、お知らせします。受賞作品は今後、千葉県の情報発信等に活用させていただく予定です。たくさんの応募ありがとうございました。

1.作品募集期間

令和2年12月28日(月曜日)~令和3年1月31日(日曜日)まで

2.応募総数

1,199点

3.受賞作品(計10作品)

大賞:1作品、イガゴー賞:2作品、ノコサーヌ賞:7作品

※インフルエンサーとして、コンテストの宣伝をしていただいた料理研究家の五十嵐豪氏の選定作品

大賞(1作品)

大賞写真

大賞投稿文

≪選定理由≫

冷蔵庫内の余った食材を活用して、親子で餃子を手作りすることで、食育と食品ロス削減につながっています。

また、姉妹の笑顔がインスタ映えし、楽しく食品ロスに取り組む様子が感じられました。

イガゴー賞(2作品)

イガゴー賞1枚目

イガゴー賞2枚目

イガゴー賞3枚目

 

イガゴー投稿文

≪選定理由≫

赤くなる前に落ちたトマト(規格外野菜)を活用するアイデア、またトマトをフライにするアイデアの斬新さを高く評価しました。楽しんで、チャレンジしているところが投稿から滲み出ています。

イガゴー賞(2作品)

イガゴー賞2

イガゴー賞投稿文2

イガゴー賞投稿文2

≪選定理由≫

野菜を事前にスライスして保存しておくと、毎日の調理が楽になるので食材の使いきりにつながるというアイデアは、食品ロス削減としても、食品の保存方法としても効果的です。

ワンアイデアとして再現性の高い部分が高評価でした。

ノコサーヌ賞(7作品)

ノコサーヌ賞1枚目

@maguro_torotoroさん

ノコサーヌ2枚目

@mayutameさん

ノコサーヌ3枚目

@8yuitoさん

ノコサーヌ4枚目

@otomisan0331さん

ノコサーヌ5枚目

@happyfeelllさん

ノコサーヌ6枚目

@eririn04250425さん

ノコサーヌ7枚目

@fam.kurashiさん

 

4.参考

五十嵐豪(いがらしごう)/イガゴー氏

料理研究家。料理に関するコンサルティングやレシピ開発を行う株式会社フードクリエイティブファクトリーの代表。

食材が一つしかなくてもできる、一つの食材を使いきる、手軽でおいしい「しかない料理」を提唱し、雑誌やテレビなど多方面で活躍中。

Instagramアカウント「ノコサーヌ(@nokosa_nu.chiba)」

開設日:令和2年7月20日(月曜日)

内容:食材を長期間保存する方法や野菜の使いきりレシピなど、食品ロス削減に関する情報を定期的に発信しています。

ちば食べエコキャラクター「ノコサーヌ」

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課環境保全活動推進班

電話番号:043-223-4144

ファックス番号:043-221-3970

循環型社会推進課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?