ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 統計情報 > その他の調査結果 > 土地利用の現況と推移、動向について

更新日:令和元(2019)年5月17日

土地利用の現況と推移、動向について

土地利用現況把握調査・土地利用動向調査

県では、毎年度、土地利用の現況と推移、動向について把握するため、「土地利用現況把握調査」及び「土地利用動向調査」を実施しています。

1.土地利用現況把握調査

土地利用現況把握調査は、千葉県国土利用計画の管理運営の一環として、土地利用の現況を面積値で把握するものです。

調査は、既存統計に基づき面積値を把握することを原則としており、調査時点は原則として調査年の前年度10月1日現在となっています。

平成30年度土地利用現況把握調査の結果について

「平成30年度土地利用現況把握調査」(調査時点:平成29年10月1日現在)の結果、県内の土地利用の現況は、森林が30.5%、農用地が24.4%、宅地等(宅地、道路、水面・河川・水路の合計)が26.7%であり、概ね、森林・農用地・宅地等の面積値が均衡する状況となっています。

また、土地利用の推移をみると、宅地等が増加傾向にある一方、森林・農用地が減少傾向にあります。これは、宅地開発の進展や耕作放棄地の増加などが影響しているものと考えられます。

土地利用現況の推移(グラフ)(PDF:64KB)

土地利用現況の推移(グラフ)

土地利用現況の推移(表:平成2年から平成29年)(PDF:21KB)

2.土地利用動向調査

土地利用動向調査は、千葉県土地利用基本計画の管理運営の一環として、人口・産業・土地取引・土地利用転換・主要施設の整備開発等の土地利用の現況と動向を総合的に把握するものです。

調査時点は、原則として調査年の前年度となっています。

平成30年度土地利用動向調査の結果について

「平成30年度土地利用動向調査」(調査時点:平成29年度)の結果、県内の開発等に係る許可件数は、都市計画法に基づく開発許可は884件、農地法に基づく農地転用許可等は8,382件(※平成28年実績)、森林法に基づく開発許可等は42件、自然公園法・自然環境保全法に基づく許可等は299件となっています。

また、最近5年間の推移をみると、都市計画法に基づく開発許可、農地法に基づく農地転用許可等の件数及び面積は概ね横ばいの傾向にあります。森林法に基づく開発許可等の件数及び面積、自然公園法等に基づく許可等の件数は増加傾向にありましたが、平成28年度に減少に転じています。自然公園法等に基づく許可等の面積は平成28年度に増加しています。

平成30年度土地利用動向調査(調書)

平成30年度土地利用動向調査調書(全文)(PDF:1,200KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域政策班

電話番号:043-223-2393

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?