ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 国際交流・協力 > 北方領土問題について > 令和元年度北方領土青少年等現地視察事業の実施について

更新日:令和元(2019)年12月13日

令和元年度北方領土青少年等現地視察事業の実施について

全国の青少年に北方領土問題を身近な問題として捉えてもらうため、独立行政法人北方領土問題対策協会では北方領土隣接地域への派遣支援を行っています。
本県では、今年度支援を受けて、北方領土返還要求運動千葉県民会議(事務局:総合企画部政策企画課内)主催で、7月30日(火曜日)から8月1日(木曜日)の間、中学生を含む20名の視察団を北方領土隣接地域に派遣しました。

1目的

県内の中学生等で構成する青少年等現地視察団を北方領土隣接地域に派遣し、青少年に北方領土を視察してもらうとともに、元島民の体験談を聞くなどの機会を提供することにより、北方領土問題を身近な問題として捉えてもらい、返還要求運動を継承してもらうことを目的として実施する。

2主催

北方領土返還要求運動千葉県民会議
※北方領土返還を実現するため、県、市町村、民間団体で構成する団体(全ての都道府県で設置)

3派遣支援団体

独立行政法人北方領土問題対策協会
※内閣府所管北方領土問題その他北方地域に関する諸問題の解決の促進を図ることが目的

4現地視察日程等

(1)実施時期

令和元年7月30日(火曜日)から令和元年8月1日(木曜日)

(2)視察地域

北方領土隣接地域(根室市、別海町、羅臼町、標津町、中標津町)

(3)参加者・人数

中学生14名(流山市立、袖ケ浦市立、東庄町立、山武市立)、引率教諭4名、県民会議2名計20名

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課政策室

電話番号:043-223-2203

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?