サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月12日

青木繁≪海の幸≫誕生の家と記念碑を保存する会

布良(めら)という聖地~青木繁が≪海の幸≫を描いた漁村のまちづくり

本を代表する画家・青木繁が愛した漁村・富崎地区(布良・相浜)は、かつて栄えた漁村でしたが、今は少子高齢化が進んだ集落です。世界に誇れる自然や歴史文化を次代の子どもたちにのこし、心豊かな支え合うコミュニティづくりを目指しています。

団体名称

木繁≪海の幸≫誕生の家と記念碑を保存する会

取り組んでいます

目的

木繁が滞在した「小谷家住宅」と、没後50年の記念碑を保存するとともに、豊かな漁村文化の伝承と活用によって、市民が主役の生涯学習まちづくりを図ります。

活動内容

  1. 保存管理部会…「小谷家住宅」の修理保存と周辺環境の整備
  2. 地域振興部会…漁師料理を始め伝統的な漁村文化の伝承と活用
  3. 広報普及部会…情報発信と市民啓蒙
  4. 募金会員拡大部会…修理基金と募金と組織拡大
  5. 地域の歴史・文化を活かしたまちづくり事業

苦労話、自慢話

木繁を敬慕する全国の画家の組織NPO法人青木繁「海の幸」会と連携を図って、《海の幸》誕生の「小谷家住宅」(館山市指定文化財)の保存運動を進めています。館山市ふるさと納税を通じて寄付を募っています。

良という聖地の歴史文化・景観は私たちの誇りです。

これからやりたいこと

2年計画で修復工事をおこない、平成28年春の公開を目ざしています。

協力します、力を貸して

(1)会員…年会費2,000円、総会やイベント企画の案内・広報誌等をお送りします。

(2)館山市ふるさと納税を通じて、小谷家住宅の保存・活用事業を指定した寄付にご協力ください。

(3)チャリティの美術展や小谷家住宅公開の受付当番をするボランティアを募集しています。

青木繁≪海の幸≫誕生の家と記念碑を保存する会の概要

団体所在地

千葉県館山市館山95番地  小高記念館

代表者

嶋田  博信(男性)

電話番号

0470-22-8271

電子メール

awabunka@awa.or.jp

ホームページ

http://aoki-shigeru.awa.jp/外部サイトへのリンク

取組み開始

平成20(2008)年9月

構成人数

180名

イベント情報など活動内容については、各地域づくり活動団体あて直接お問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部政策企画課地域振興班

電話番号:043-223-2447

ファックス番号:043-225-4467

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?