ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 交通安全対策 > 交通安全推進隊について

更新日:令和2(2020)年5月26日

交通安全推進隊について

「交通安全推進隊」は、県民一人ひとりの参加によって「交通安全県ちば」を実現するため、千葉県交通安全条例に基づき、平成14年度から始まった制度です。

現在、約420隊・約3,300名の方々が、通学路での街頭監視や保護・誘導を中心に活動してくださり、地域の子どもたちや高齢者を交通事故から守っています。

交通安全推進隊員の皆さまへのお知らせ

小中学校等再開時における児童生徒の見守りの再開について

交通安全対策の推進については、日頃から格別の御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、県内の交通事故発生状況では、4月末現在の交通事故死者数が38人となっており、未だに多くのが交通事故の被害に遭っている状況です。

千葉県においては、5月25日に緊急事態宣言が解除され、今後、人や車が増加するほか、休校している学校が再開されていくことが見込まれます、千葉県は、昨年、交通死亡事故が全国ワーストとなっている現状を踏まえると、子供たちの交通事故の増加が懸念されます。

つきましては、学校が再開し登下校が始まる際には、通学路を中心に皆様の活動を再開していただきますよう御協力をお願いいたします。

活動に当たって、お願いしたいこと

  1. マスクの着用を徹底。
  2. 三つの密(密閉、密集、密接)を避け、人と人の間隔をとる。
  3. 交通安全推進隊の帽子、旗、蛍光ベストを確実に活用していただき、目立つ、見せる活動により、児童生徒と推進隊の皆様の安全を守る。

 

1.組織

  1. 推進隊は、県内に在住・在勤または通学している16歳以上の者で、交通安全活動に関心と意欲を持ち、毎月1回以上活動ができる者をもって組織する。
  2. 推進隊は原則2名以上の隊員をもって組織する。
  3. 推進隊には代表者を置くものとする。
  4. 推進隊は、原則として小学校区単位に組織する。

2.活動

推進隊は、次に掲げる活動の中から、地域の実情に応じた活動を強制力の伴わない範囲で行っていただきます。

  1. 子どもの通学路等における街頭監視、保護・誘導活動
  2. 交通安全に関する高齢者宅訪問活動
  3. その他、地域の実情に応じた活動
  • 交通安全講習会の開催及び協力
  • 自転車の安全利用に関する広報啓発活動
  • 警察署と連携した街頭での広報啓発活動
  • その他交通安全意識の普及・浸透に資する活動及び市町村が必要と認めた活動

3.身分

ボランティアとして県へ登録します。

4.登録期間

3年間。

※現在の登録期間は平成30年9月1日から令和3年8月31日までです。

登録期間の途中で新たに登録された方についても、令和3年8月31日で登録満了となります。

登録期間の途中で隊の登録を希望される方

隊の新規登録を希望される方は、次のリンク先をご覧ください。

5.隊員への支援

  • (1)ボランティア活動保険に加入します。
  • (2)登録証、帽子、蛍光ベスト、横断旗を配付します。※雨天時活動用の雨具の配付は行っておりません。
  • (3)研修を実施します。
  • (4)各種交通安全に関する情報を提供します。

登録証、帽子及び横断旗
(横断旗は隊で希望する本数を配布)

蛍光ベスト

その他希望される方に、交通安全に関するチラシや反射材等のグッズを提供

6.活動の様子

通学路で登校する児童を誘導する推進隊員(佐倉市)

通学路で登校する児童を誘導する推進隊員(船橋市)

7.既に交通安全推進隊として登録されている皆さまへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課交通安全対策室

電話番号:043-223-2263

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?