ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月5日

食鳥検査

食鳥検査とは

食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律により、食用に供する鶏、あひる、七面鳥の鳥肉は、食鳥検査員(獣医師)による検査(食鳥検査)が義務付けられており、食鳥検査に合格したもののみが出荷され食卓に上ります。
この検査で不合格となったものについては、廃棄されます。

 

体検査
病気などの異常がないか検査します。

 

 

 

 

脱羽後検査
羽毛を抜いた状態で、鳥の体に異常がないか
検査します。

 

 

 

内臓摘出後検査
内臓を摘出した後、その内臓とその鳥の体の内側に、
異常がないか検査します。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部東総食肉衛生検査所検査指導第一課

電話番号:0479-62-2887

ファックス番号:0479-62-2757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?