千葉県Chiba Prefectural Government

~ 千葉県にオリンピック・パラリンピックがやってくる ~

更新日:令和3(2021)年8月26日

ページ番号:458892

ここから本文です。

シッティングバレーボール加藤昌彦選手へのインタビュー

東京2020パラリンピックに出場を予定しているシッティングバレーボール競技日本代表の加藤昌彦選手(松戸市出身)へのインタビュー記事を紹介します。

シッティングバレーボールとの出会いを教えてください。

インタビューを受けている加藤選手の写真当時は東京のスポーツセンターまで通い、マシンを使ってリハビリなどをしていました。そんなある日、体育館の片隅でシッティングバレーボールの練習をしている人達がいて、「試してみる?」と、声を掛けられたのがきっかけです。

スポーツはサッカーの経験しか無かったのですが、実際にプレーしてみると、手でボールを扱うのが難しく、でも、それが逆に新鮮でした。最初は床に座ったまま動くことが、本当に難しかったですね。それから、ボールを蹴ってもヘディングしてもよいところが、サッカーに近いと感じました。そして、プレーする度に上達するのが実感でき、それが嬉しくて次第にのめり込み、以後、シッティングバレーボールの練習をするために、週1~2回のペースで東京に通いました。

足を悪くする前は、サッカー選手として活躍されていたのですね。

地元のクラブチームに所属し、キャプテンを務めていました。足を悪くしてからもチームの仲間が、「これからも一緒にやろう!」と言ってくれたので、しばらくはサッカーを続けました。無論、以前のポジション(ディフェンダー)は難しかったので、キーパーに転向したのですが、やはり思うようには動けず、やればやるほどストレスが溜まり、やがて、皆の足手まといになっていると感じるようになり、サッカーから身を引きました。

足の障害について教えてください。

26歳の時、左足に静脈瘤が見つかりました。その時に受けた手術でミスがあり、膝下切断を余儀なくされました。その直後は義足になるという事実が理解できず、将来への不安もありましたが、「こうなってしまった以上、自分なりの障害者生活を送ろう!」と、比較的早い段階で、気持ちを切り替えられたと思います。

シッティングバレーボールを始めて、極めて短期間で日本代表に選ばれたそうですね。

子どもの頃から続けてきたサッカーは、地区代表止まりでした。なのにシッティングバレーボールは、始めてすぐに日本代表に選ばれ、「こんなに簡単でいいのか?」と、最初は戸惑いました。しかし、「選ばれたからには結果を残さねばならない!」というプレッシャーから、練習には熱が入りましたね。

そして2000年、シドニーパラリンピックに初出場。

実は、その頃の私はパラリンピックを知りませんでした(笑)。日本国内でも知らない人が多かったと思います。もちろん、そのような状況下でも、選手達はメダル獲得を目標に、練習に取り組んでいました。でも、オリンピック熱が盛り上がれば盛り上がるほど、パラリンピックとの差を感じたのも事実です。

試合ではさらに大きな衝撃を受けました。シッティングバレーボールは、他国では国技に近い扱いなのです。選手もセミプロのような待遇で、練習環境も充実しています。それに比べ私達は週末の僅かな時間に練習するだけ。体格的にも不利でした。シッティングバレーボールは臀部がコートに接地した状態でプレーしなければなりません。そのためスパイクもブロックも、背が高い方が圧倒的に有利なのです。でも、日本選手の平均身長は、参加国の中でも低かった……。

結果は参加12カ国中9位。本当に参加することに意義がある、という大会になってしまいました。でも、この経験があったから次の段階に進めたのだと思います。

アテネパラリンピック終了後、日本代表を一度引退されますが……。

アテネの頃、私はまだ会社員でした。パラリンピックに参加するには、長期間、会社を休まねばなりません。それでは申し訳ないと考え、アテネの1年前に退職し、自ら会社を立ち上げました。そしてアテネまでの1年は、ほとんどシッティングバレーボールに費やし、その合間に仕事をするという形で過ごしました。

アテネが終わり、気付けば私は34歳。そろそろ仕事に専念し、生活を安定させねばならないと考え、日本代表引退を決意しました。もちろん未練はありましたが、シッティングバレーボールでは、食べていけないのです。

その後、日本代表に復帰されますが、どのような心境の変化があったのでしょう?

東京パラリンピックの開催が決まり、シッティングバレーボールが競技種目に選ばれてすぐ、「日本パラバレーボール協会」や昔の仲間から、「戻って来て欲しい!」というオファーがありました。しかし、仕事のことや年齢的な不安もあり、最初は断りました。にも関わらず、仲間達は何度も何度も誘ってくれました。その思いに心を動かされ、「よし、もう1度やってみよう!」と。

それから約4年。「やると決めたからには、中途半端にしたくない!」という思いで日々トレーニングを重ねました。会社の敷地内にはトレーニングルームを作り、体重も10kg減らしました。自分の強みはスピードと経験だと考えているため、それを生かすためのトレーニングを重点的に行っています。

東京パラリンピックに向け、周囲の盛り上がりは感じますか?

最もそれを感じるのは、パラリンピックの競技が、テレビのCMなどで使われるようになったことですね。その中にはシッティングバレーボールの映像もあり、このような形で多くの人に知ってもらえるのは、本当に嬉しいです。ひと昔前なら考えられないことです。

ご自身でもシッティングバレーボールの普及活動やイベントなどを行っているそうですね。

体験教室でシッティングバレーボールの魅力を伝える加藤選手

千葉県は現在、「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」に取り組んでいるため、県内の小・中学校から、講習会や講演会の依頼が多数寄せられています。急に増えた理由は、体育の授業で子ども達に、シッティングバレーボールを体験させているからだと思います。私もシッティングバレーボールの普及に貢献できるならと、可能な限り要望に応えています。

加藤さんの考える、シッティングバレーボールの魅力とはどんなところでしょうか。

障害者スポーツではありますが、床に座れば誰もが同じ条件でプレーできること。低い位置でボールを扱うので、スピード感があるため最初は怖いと思います。でも、プレーしているうちに怖さが悔しさに変わり、最終的には喜びに変わります。座ったまま動くことが、最初は難しいと思いますが、慣れてくると滑るように動けます。比較的短時間で上達が実感できる、楽しいスポーツですよ!

パラリンピックはここを観て!

トレーニングを行う加藤選手

東京パラリンピックで日本チームの試合を観る場合、高さで勝る他国のチームに、スピードやテクニック、そして戦術を駆使してどう対抗するかに注目してください。強豪国同士の戦いでは、パワー対パワーという構図になるので、迫力があって面白いと思います。

注目すべき国はイランですね。イランのシッティングバレーボールの競技人口は日本の比では無く、その中から選ばれた選手が出場します。現在、最も大きな選手は身長が246cmもあり、最高到達点は約180cmです。ちなみに、私の最高到達点は135cm。40~50cmもの差があるので、ブロックしても触れることすらできません。イランと対戦することになったら、日本チームの戦い方に注目してください。

 

 

 

 

※本インタビュー記事は千葉市生涯学習情報誌「まなびの森vol.26外部サイトへのリンク」に掲載されているインタビュー内容の一部を転載したものです。

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部開催準備課広報・記録班

電話番号:043-223-3483

ファックス番号:043-222-5716

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?