ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年10月5日

ページ番号:343574

棚田地域振興法

棚田は食料供給のみにとどまらず、国土の保全、水源の涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成、伝統文化の継承等に大きな役割を果たしてきました。しかし担い手の減少等により数年後には荒廃してしまう危機に直面しており、早急に効果的な対策を講じることが必要となっています。

千葉県における棚田地域

房総半島南部の嶺岡山系を中心に棚田地域を有しており、古くから良質米の産地として知られています。この地域は、温暖な気候を活かした特色ある農業が展開されていて、農林水産業が盛んな本県を支えています。

平成11年7月に棚田の保全活動推進の一環として「日本の棚田百選」が認定され、その中でも「東京から一番近い棚田百選」である鴨川市の大山千枚田では、NPO法人が中心となり棚田オーナー制度を通じた棚田の保全活動に加え、景観を活かした棚田のライトアップ、小学生の体験学習の受け入れ、棚田米を活用したレストランの運営など様々な活動を行っております。

棚田の様子棚田の様子2

千葉県棚田地域振興計画

認定棚田地域振興活動計画

 

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農地・農村振興課地域振興班

電話番号:043-223-2782

ファックス番号:043-225-2479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?