ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月24日

県内処理加工施設で加工されるイノシシ肉の放射性物質検査結果について

県、勝浦市、君津市、鴨川市及び大多喜町では、東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に関連して、出荷制限が一部解除となっている県内5つの処理加工施設で加工されるイノシシ肉の安全確認を行うため、放射性物質の全頭検査を行っています。

出荷制限が一部解除された平成25年1月18日から本日までに分析されたイノシシ肉は、5施設で962検体となっています。
なお、今後もイノシシ肉の放射性物質検査を継続して行い、安全性について迅速な検査結果の公表に努めます。

出荷制限が一部解除されている処理加工施設

施設の一覧

処理加工施設名

処理加工施設所在地

備考

ジビエ勝浦

勝浦市

君津市獣肉処理加工施設

君津市

森旧解体処理場

君津市

清澄山系ジビエ 鴨川市

大多喜町都市農村交流施設

大多喜町

全頭検査の結果

県内処理加工施設で加工されるイノシシ肉の放射性物質検査結果(エクセル:259KB)(平成29年8月23日現在)

※検査法

Ge:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
NaI:NaI(T1)シンチレーションスペクトロメータによる分析法

※検査法がNaIのものについては、勝浦市、君津市及び大多喜町からの検査結果報告によります。

【参考】

平成24年4月1日以降の基準値(一般食品)放射性セシウム:100ベクレル/kg
平成24年3月31日以前の暫定規制値放射性セシウム:500ベクレル/kg

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農地・農村振興課地域振興班  

電話番号:043-223-2782

ファックス番号:043-225-2479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?