ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月2日

貧酸素水塊分布予測システム

東京湾では、春から秋にかけて貧酸素水塊が発生し、魚介類の生息・分布に大きな影響を及ぼしています。そこで、底層の貧酸素水塊について、現在の分布状況を推定し、その画像を発信しています。

なお、精度を維持するために当研究センターや関係機関(神奈川県水産技術センター,内湾底びき網研究会連合会,東京都環境局,千葉県環境研究センター等)から提供していただいた観測データ及び東京湾モニタリングポストの観測データを用いて推定結果を補正しています。

 

(参考)酸素飽和度と溶存酸素量の目安

酸素飽和度

溶存酸素量

備考

50%

2.5ml/l

貧酸素水

30~40%

2.0ml/l

魚類に影響

 

1.5ml/l

貝類危険

 

1.0ml/l

 

10%

0.5ml/l

 

システムの概要

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部水産総合研究センター東京湾漁業研究所

電話番号:0439-65-3071

ファックス番号:0439-65-3072

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?