サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 文化財の指定と登録 > 新指定・登録の文化財 > 選定保存技術の選定及び保持者の認定について(令和2年7月17日)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年7月17日

選定保存技術の選定及び保持者の認定について(令和2年7月17日)

発表日:令和2年7月17日
教育庁教育振興部文化財課

国の文化審議会は、令和2年7月17日(金曜日)に開催される同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、文部科学大臣に対し、「歌舞伎鬘製作」を選定保存技術に選定すること及び保持者を認定するよう答申しました。

この結果、官報告示の後に、千葉県内の選定保存技術は表具用刷毛製作に加え、2件となります。

選定保存技術の選定について

名称

  • 歌舞伎鬘製作
  • (かぶきかつらせいさく)

保持者

  • 川口清次
  • (かわぐちせいじ)

概要

  • 歌舞伎鬘製作は、歌舞伎の舞台で用いる鬘の地金(土台)を作り、それに植毛等を行う技術である。鬘製作者(鬘師)は、髪の毛を結い上げる歌舞伎床山とともに、鬘を完成する上で不可欠な工程を担っている。現在、鬘合わせを担当できる鬘師は少数であり、重要無形文化財「歌舞伎」の伝承を支える上で、歌舞伎鬘製作の技術について保存の措置を講ずる必要がある。
  • 保持者は、再利用する鬘の髪を洗毛する作業など、基礎から着実な経験を重ね、やがて羽二重通しや蓑編みといった鬘製作の主要な工程を担当し、昭和の終わり頃からは、鬘合わせにも従事するようになった。役柄に応じた幾多の鬘の種類を熟知し、俳優からの注文にも迅速に対応する同人の高度な技術を支持する声は高く、また、若手技術者の指導・育成にも尽力している。

保持者製作風景(写真提供:文化庁)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?