サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月13日

鴨川のバクチノキ群生地

(かもがわのばくちのきぐんせいち)

鴨川のバクチノキ群生地

種別

県指定天然記念物

指定日

昭和50年12月12日

所在地(所有者)

鴨川市古畑115ほか(悉地院ほか)

概要

バクチノキは、房総半島以西の暖地に生息するバラ科の常緑樹で、大木になることもある。「バクチノキ」という名前の由来は、その特徴的な樹皮から名付けられたものとされている。樹皮は灰褐色で、鱗のように剥がれる。剥がれた跡は紅黄色の肌が現れ、バクチに負けて身ぐるみを剥がれたさまに例えられたという。

この群生地は、標高219mの大山の中腹の大山不動堂の参道沿いの山林にある。バクチノキは約600平方メートルの範囲に数十本が生えており、県内最大の群生地であるとともに、この地域が国内最北端の群生地である。

群生地の植生は、バクチノキ、タブノキ、シロダモなどの高木層、ヤブツバキ、イヌビワ、トベラなどの亜高木層、コバノカナワラビ、ジュズネノキ、テイカカズラなどの低木層が観察でき、房総半島を代表する植生の中に、本地域を北限とするバクチノキが混生する。温かい地域の植生を観察する上で絶好の場所である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?