ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月14日

清澄寺中門

(せいちょうじちゅうもん)

清澄寺中門

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

昭和39年4月28日

所在地(所有者)

鴨川市清澄322-1(清澄寺)

概要

間口が11.1尺の四脚門で、屋根は茅葺とし、両袖に板屋根の袖塀が付属する。本柱は円柱、控柱は方柱で、いずれも石製礎盤上に立て、梁間を腰貫でつなぐ。柱頭をつなぐ頭貫は木鼻付きで、桁行の3丁は虹梁形とし、頭貫上に台輪をのせる。組物は三斗組で桁行は中央にもおき、丸桁と虹梁を組む。妻の虹梁上には大塀束を立て、大塀束を桁行き虹梁でつないで中央に蟇股をおき、大塀束・蟇股の上に三斗を組んで棟木を支持する。軒は二軒繁垂木とし、破風には拝み懸魚を付ける。茅葺の屋根は大きく、量感がある。建立年代については、指定時は正保4年(1647)とされているが、様式手法上は19世紀前半とみられる。天保年間(1833~1844)に修理された戸の縁起があることから、その際に全体が造り替えられたものと考えられる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?