ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > しごと・雇用 > ワークライフバランス > ワーク・ライフ・バランス取組状況調査 > ワーク・ライフ・バランス取組状況調査の結果について(平成23年度)

更新日:平成29(2017)年3月1日

ワーク・ライフ・バランス取組状況調査の結果について(平成23年度)

~「ワーク・ライフ・バランス取組状況調査」報告書(平成23年度)を作成しました~

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」は、多様化する労働者のライフスタイルやニーズに対応した考え方であるとともに、企業の競争力や生産性の向上につながる経営戦略として注目されています。

県では、企業の「仕事と家庭の両立」に関する意識や実態把握のため、平成17年度から2年毎に「出産・子育て期における男女労働実態調査」並びにそのフォロー調査を実施してまいりました。

これらの調査をもとに企業の次世代育成支援対策の促進事業と少子化対策事業などを推進してきましたが、これまでの施策を検証し、今後の「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」の推進に活用していくことを目的として実施した「ワーク・ライフ・バランス取組状況調査」の結果がまとまりましたので御報告いたします。

ワーク・ライフ・バランス取組状況調査概要

(1)調査対象

県内事業所

(2)調査方法

郵送配付・郵送回収

(3)実施期間

平成23年11月24日から平成24年3月28日まで
(調査期間:平成23年11月24日から平成24年1月31日まで)

(4)調査票発送数

3,600件(うち有効配付数3,464件、有効回答数934件、回答率27.0%)

(5)主な調査内容

女性の就労状況や再雇用の状況、両立支援制度の導入・活用状況、ワーク・ライフ・バランスに対する意識など

調査結果概要

平成17年度から2年毎に「出産・子育て期における男女労働実態調査」並びにそのフォロー調査と同様の質問項目について経年比較調査を実施したところ、両立支援体制の整備が進んでいることがわかりました。
また、女性の活躍の機会が広がっており、ワーク・ライフ・バランスに対する意識として、好意的な考え方が増えてきていることもわかりました。
一方で、ワーク・ライフ・バランスについて消極的な企業も3割近くあり、県の事業への認識も低いことから、更なる制度のPRや普及啓発を推進してまいります。

ワークライフバランス取組状況調査報告書

【報告書の内容】

  • 1章:調査の概要
  • 2章:回答事業所の属性
  • 3章:調査結果
  • 4章:その他自由意見
  • 5章:指標の比較
  • 6章:調査から見えてきたこと
  • 7章:調査票

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課働き方改革推進班

電話番号:043-223-2743

ファックス番号:043-221-1180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?