ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年1月29日

ページ番号:407558

令和2年労働組合基礎調査結果(千葉県分)の概要

  • 令和2年6月30日現在で実施した「令和2年労働組合基礎調査」について、千葉県分の結果がまとまりました。

概況

  • 県内の労働組合数は1,274組合(前年比1.1%減)で、労働組合員数は316,664人(前年比0.5%減)となった。
  • 推定組織率(雇用者数に占める労働組合員数の割合)は14.5%である。

産業別の状況

組合数

「製造業」が301組合(全体の23.6%)と最も多く、次いで「運輸業、郵便業」が285組合(同22.4%)、「卸売業、小売業」の137組合(同10.8%)の順となった。

組合員数

「卸売業、小売業」が60,835人(全体の19.2%)で最も多く、次いで「製造業」の58,028人(同18.3%)、「運輸業、郵便業」の35,432人(同11.2%)の順となった。

地域別の状況

組合数

「千葉・市原(千葉市・市原市)」地域が402組合(全体の31.6%)で最も多く、次いで「葛南(市川市・船橋市・習志野市・八千代市・浦安市)」地域の261組合(同20.5%)の順となっており、これら2つの地域で県内の組合数の約5割を占めている。

組合員数

「千葉・市原」地域が129,412人(全体の40.9%)で最も多く、次いで「葛南」地域の73,316人(同23.2%)の順となっており、これら2つの地域で県内の組合員数の6割強を占めている。

適用法規別の状況

組合数

「労働組合法(労組法)」適用組合が1,127組合で最も多く、県内の組合数の約9割を占めている。

組合員数

「労働組合法(労組法)」適用組合が277,420人で最も多く、県内の組合員数の約9割を占めている。

企業の全常用労働者数規模別の状況

組合数

「5,000人以上」規模が322組合(全体の25.3%)で最も多く、次いで「1,000人以上4,999人以下」規模の226組合(同17.7%)の順となっており、これら2つの規模で県内の組合数の4割強を占めている。

組合員数

「5,000人以上」規模が129,590人(全体の40.9%)で最も多く、次いで「1,000人以上4,999人以下」規模の63,763人(同20.1%)の順となっており、これら2つの規模で県内の組合員数の約6割を占めている。

主要団体への加盟状況

組合数

「連合」が752組合(全体の59.0%)、「全労連」が163組合(同12.8%)、「全労協」が41組合(同3.2%)となった。

組合員数

「連合」が225,613人(全体の71.2%)、「全労連」が17,169人(同5.4%)、「全労協」が600人(同0.2%)となった。

新設・解散等の状況

令和元年7月1日から令和2年6月30日までの1年間における「新設」・「新規把握」組合は13組合で、他県からの「転入」組合を加えると15組合である。
これに対して、「解散」組合は28組合で、他県への「転出」組合を加えると29組合である。

統計表

令和2年労働組合基礎調査結果(千葉県分)統計表(PDF:1,164.9KB)

お問い合わせ

所属課室:商工労働部雇用労働課働き方改革推進班

電話番号:043-223-2743

ファックス番号:043-221-1180

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?