千葉県 Chiba Prefectural Government

メニュー

チーバくんの落花生見守り隊

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月9日

千葉県といえば、やっぱり落花生だよね。

そんな「落花生」の種まきからおいしく食べるまでをチーバくんが密着レポート!!

お楽しみに!

チーバくんのインスタグラム外部サイトへのリンクでも随時、掲載していくから、そちらもフォローしてね。

「ボッチってなぁに?」の巻

10月晴れ

集まる人

”今日こそ落花生を食べるよ(^^♪ジュルル…”

 

相変わらず、食いしん坊なチーバくん。

 

”あれ?みんな何しているの?”

また食べられないー(◎o◎)!

立ちつくすチーバくん

今日は「ボッチ積み」の日だよ、チーバくん。

前回「地干し」して、適度に乾いた落花生を積んで「ボッチ」を作ります。

 

”ガーン(◎o◎)!まだ食べられないのぉ…(T_T)”

 

立ち尽くすチーバくん。

さぁさぁ、気を取り直して、作業頑張って!

土台が大事っ!

土台づくり

最初は、「ボッチ」の土台作りから。

下から湿気が上がってこないように、もみ殻を敷いて土台を作ります。

ここが凸凹だと上に積む「ボッチ」が崩れてしまうので、丁寧にね。

 

”平らに、平らにっと”

豆は~内!

ボッチ積み作業

土台ができたら、落花生を円筒状に積み上げていきます。

雨に濡れないように、「豆の部分は内側」がルール。

まだまだ作業は序盤だよ、頑張れー!

息、ぴったり(^^♪

ボッチを積む作業

だんだん息があってきた!

いいコンビ誕生だね(^^♪

 

”よいしょ、よいしょ”

背比べしたくなるよね♡

ボッチとチーバくん

たいぶ積みあがったね、チーバくん(^^♪

背比べしちゃうチーバくん(^^)v

 

”そろそろいいかな♡”

できたー!

ボッチ完成

大人の身長くらいまで積みあげたら、上に稲わらで作った傘を乗せて完成です。

 

”完成ー(^^)v”

 

がんばったね、チーバくん♪

おまけ:千葉の秋~冬の風物詩「ボッチ」

 

ボッチ風景

掘ったままの落花生は、水分が多くて煎り豆にすることはできません。

そのため、収穫のあと畑で「地干し」し、ある程度乾いてから「ボッチ」に積んで、1ケ月程度、自然乾燥させます。ゆっくり乾燥している間に、落花生の甘み成分がどんどん増えて、乾燥が終わるころには、なんと収穫した時よりも甘くなっているんですって。

秋風に吹かれる「ボッチ」に思いはせながら千葉の落花生を味わってみてくださいね。

このページに関するお問い合わせ

所属課室:総合企画部報道広報課千葉の魅力発信戦略室

電話番号:043-223-2242

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 千葉の魅力 > チーバくんの広場 > チーバくんの落花生見守り隊