ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年10月26日

教えてちばの恵み

県育成落花生「Qなっつ」について

千葉県は、国産落花生の約8割を生産する日本一の産地です。
県では、幅広い世代に落花生を食べていただけるよう新品種を開発し、愛称をQ(きゅー)なっつ」に決定しました。

「Q(きゅー)なっつ」は落花生専門店や農産物直売所を中心に、平成30年10月中旬からの販売開始となりました。

「Q(きゅー)なっつ」のデビューをきっかけに、多くの方々に県産落花生に親しんでいただけるよう、PRに取り組んでいきます。

1.報道発表

・県育成落花生「Qなっつ」デビューイベントの開催について(平成30年10月30日)

・落花生新品種の愛称決定について(平成30年7月19日)

2.愛称について

(1)品種について

品種名:「千葉P114号」

品種登録:平成30年10月10日

品種登録番号:第27024号

商標登録出願:平成30年3月8日

商標登録出願番号:商願2018-32914

(2)愛称:「Q(きゅー)なっつ」

※これまでのピーナッツを超える味=アルファベットの並び順で、『P』の次が『Q』で「『Q(きゅー)』なっつ」という意味を込めています。

3.新品種の特徴

  • はっきりした甘み
  • あっさりした食べやすい味
  • 気品がある白い莢(さや)
  • 煎(い)り莢(さや)に向く
  • 収量が多い

4.今後のPRについて

「Qなっつ」は、煎り落花生として落花生専門店や農産物直売所等で10月中旬に販売が開始されます。県では販売開始に合わせ、以下のようなPRを予定しています。

(1)デビューイベント

日時:平成30年10月30日(火曜日)午後2時から午後2時30分まで

場所:JR千葉駅3階「びゅうプラザ」前通路

・県育成落花生「Qなっつ」デビューイベントの開催について(平成30年10月30日)

(2)新豆キャンペーン

キャンペーンに参加してる落花生専門店や農産物直売所で、平成30年産の新豆購入者された方に、抽選で県産農産物等プレゼント

参考資料:新豆キャンペーン(ポスター)(PDF:2,428KB)

(3)地域イベント

八街落花生まつりやアクアラインマラソン等で試食品の提供

(4)リーフレット

「Qなっつ」の紹介や、販売場所等を掲載したリーフレットの作成

参考資料:リーフレット(PDF:710KB)

(参考)千葉県の落花生生産について

1.千葉県落花生の全国的位置(平成29年産)※産出額は平成28年の数値

区分

作付面積(ha)

収穫量(t)

産出額(億円)

千葉県

(全国に占める割合)

5,080

(79.1%)

12,200

(79.2%)

100

(86.2%)

全国

6,420

15,400

116

出典:農林水産統計

2.千葉県の落花生品種別作付面積(平成29年産)

品種

千葉半立

ナカテユタカ

郷の香

その他

合計

作付面積(ha)

3,332

1,316

173

259

5,080

構成比(%)

65.6

25.9

3.4

5.1

100

出典:県生産振興課調べ
※端数処理により合計が合わない部分があります

3.千葉県内で作付されている主な落花生品種

落花生の代表的な食べ方である煎り莢や茹で莢に向く品種が複数作付されている。

用途:煎り莢

品種

特徴

新豆の販売時期

千葉半立

独特の風味があり、食味が特に良い。

高級ブランド品種として販売されている。

11月上旬から

ナカテユタカ

多収で食味が良い。

千葉半立が出回る前を中心に販売されている。

10月中旬から

用途:茹で莢

品種

特徴

新豆の販売時期

郷の香

大粒で多収。莢は白くて大きく、熟度が揃う。

甘みがあり、食味は良好。

8月下旬から

おおまさり

莢が一般品種の約2倍と極めて大きく、食味が特に良い。

贈答用などとして人気が高い。

9月中旬から

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部流通販売課販売・輸出促進室  

電話番号:043-223-3085

ファックス番号:043-227-8307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?