ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年6月27日

農地防災事業

農地防災事業は、災害を未然に防止し県土ならびに県民の生命、財産を守るために「災害発生の原因と抑制」、「災害に耐えうる条件の整備」を行います。
急速な社会構造の変化は農業、農村地域にかかわる災害の形態を多様化させており、これに即応した農地防災事業の推進が強く望まれています。

困っていること

漏水により水が溜まらない。堤体が崩壊。不安定。

ため池の決壊

ため池の決壊の様子

ため池は、築造後の長い年月を経て、次第に老朽化し、大雨や地震の際、堤体が決壊するなどして災害が発生する恐れがあります。

ため池が壊れる原因となる漏水を止めるにはどうしたらいいんだろう?

解決するには

堤体の築堤工事

「堤体の築堤工事の様子」

堤体や取水口を直したり、大雨でいっぱい貯まった水を安全に流す洪水吐を整備すればいいんだよ!

 

よくなったよ

整備後のため池1

整備後のため池2

「整備後のため池の様子」

ため池が改修されて、漏水がなくなり、安心してため池を使えるようになったよ!

まとめ

憩いの場

これらの整備により、事故や災害が未然に防止され、貴重なため池を次世代に継承することができます。

ため池は千葉県農業を支えてきた重要な用水施設であるとともに、周囲の人々にとっての貴重な憩いの場であったり、多くの生き物の棲みかでもある地域のかけがえのない資源です。

ため池の整備以外にも下記のような事業があります。

地すべり対策事業

「地すべり等防止法」で指定された地域のなかで、地すべり活動を防止したり、その原因をなくしたりするための事業です。
農用地や農業施設はもとより、人命・財産、公共施設を地すべりの脅威から守ることで、農業経営を安定させたり、集落の活性化、地域の方々の生活の安定など重要な役割を果たします。

災害復旧事業

大雨や地震、強風、落雷などの天然現象による災害で農地や農業用施設に被害が生じた場合、災害を受ける以前の状態に復旧させる事業です。
速やかに復旧工事に着手し、被害を受けた地域の農業を維持し、経営の安定化を図ることができます。

 

被災直後

被災直後

復旧工事後

復旧工事後

このような整備を行うためには一定の要件が必要となります。詳しくはお近くの農業事務所までお問い合わせください。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課事業計画室

電話番号:043-223-2859

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?