ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年6月11日

オペラ夕鶴

メキシコとの交流

日本メキシコ友好400年記念
オペラ「夕鶴」の千葉県公演について

環境生活部文化振興課
電話:043-223-2406

日本メキシコ友好400年記念として、メキシコ在住のヴァイオリニスト黒沼ユリ子さんの企画により、日本を代表するオペラである「夕鶴」を、メキシコ人歌手による日本語公演として、メキシコとの交流の発祥地であり、メキシコとの交流が進んでいる千葉県において、上演することになりました。この公演にあたっては、千葉県少年少女オーケストラが演奏で出演し、メキシコの方々と交流します。

県内における公演日程

(1)オペラ「夕鶴」

日時:平成20年9月15日(月曜日・祝日)14時00分開演
会場:千葉県文化会館 大ホール
<オーケストラ演奏>千葉県少年少女オーケストラ

(2)黒沼 ユリ子の「夕鶴」コンサート(ハイライト版)

日時:平成20年9月23日(火曜日・祝日)14時00分開演
会場:千葉県南総文化ホール 大ホール
<オーケストラ演奏>千葉県少年少女オーケストラ

(参考)千葉県とメキシコとの交流

1 400年前の出会い(交流のきっかけ)

 1609年9月、一隻の船(サン・フランシスコ号)が嵐に遭遇し千葉県御宿の沖で座礁して、多数の乗組員が御宿町岩和田海岸に漂着した。船はフィリピンの臨時総督の任務を終えたドン・ロドリゴたち373名を乗せ、ノビスパン(スペイン領メキシコ)へ向かうところであった。56名が死亡し、残りの317名も寒さと恐怖に震えていたところ、御宿の村人はこれに大いに同情し、献身的に救助し、暖かい衣服を与えたり、食料を惜しみなく与えたりした。(ドン・ロドリゴ日本見聞録)また、海女たちは自分の体温で遭難者を暖め救助したと伝えられる。

その後、江戸幕府が、漂着民のために新しく船を造り、無事に帰国させたことからメキシコとの交流が始まった。

2 県内におけるメキシコとの交流

  • 1928年10月 御宿町岩和田に、日西墨三国交通発祥記念之碑(通称:メキシコ塔)が建立される。
  • 1958年11月 老朽化した記念之碑を白亜の塔に改修
  • 1978年8月 大多喜町がクエルナバカ市(モレロス州)と姉妹都市締結
  • 1978年8月 御宿町がアカプルコ市(ゲレロ州)と姉妹都市締結
  • 1978年11月 メキシコ大統領ホセ・ロペス・ポルティー二ョ氏が来県
  • 1994年7月 御宿町・大多喜町でメキシコ少年野球団をホームスティ受入れ(以降、毎年受入れ)
  • 1998年7月 日西墨三国交通発祥記念之碑建設70周年記念式典開催

トップページに戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部国際課国際交流・協力推進室

電話番号:043-223-2398

ファックス番号:043-224-2631

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?