ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月13日

千葉・市原地域|beyond2020プログラム認証事業(千葉県認証)

千葉・市原地域

第53回市原市文化祭

文化振興と交流を図るため、市原市文化祭実行委員会に所属している各団体と一般公募の参加者が中心となり、工芸や芸術をはじめとしたものづくりの他、民謡や民舞、郷土芸能などの文化行事の発表を行う。主にバリアフリー化されている施設で実施するため、障害者の方でも観覧することができる。

日程

令和元年9月29日(日曜日)から令和元年12月15日(日曜日)

会場

市原市市民会館その他

主催団体・お問い合わせ

市原市文化際実行委員会/公益財団法人市原市文化振興財団
電話:043-623-9853(市原市教育委員会生涯学習部ふるさと文化課)

千葉交響楽団第106回定期演奏会「響きの妙」 ※本事業は延期となりました(詳細は下記HPをご覧ください)

当楽団は県内のプロオーケストラとして、県内の学校を巡回する音楽鑑賞教室、また、県内ホールで公演する県民芸術劇場公演を中心に、県民にオーケストラの演奏を通じて、音楽の普及活動を行っている。公演では、普段会場に足を運ぶことが困難な障害者の方や児童養護施設のかた、関係者を招待し、プロのオーケストラによる生の演奏の機会に触れ、楽団の交流を図ることを目的としている。会場となる千葉県文化会館大ホールには障害者の移動用エレベータも備えてあり、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただける。また、お客様のご要望に応じて障害をお持ちのお客様には介助の補助を行い、座席へのご案内をする。

日程

令和元年10月12日(土曜日)
 →令和2年2月7日(金曜日)

会場

千葉県文化会館大ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉交響楽団外部サイトへのリンク
電話:043-222-4231

オーケストラとあそぼう!

小編成オーケストラ形態による親しみやすい物語と楽器の紹介、合唱等一緒に参加・体験できるプログラムの演奏会。本物の音楽に触れることで、音楽に興味を持つ「きっかけづくり」とし、次世代に誇れるレガシー創出の一助とする。普段から子ども達が過ごしている幼稚園やこども園にアーティストが直接出向くことで、障害を持つ子どもでも普段と同じ環境で安心してご覧いただく事が出来る。また、障害や国籍を問わない音楽をツールとすることで、誰もが楽しみ、親しむことができる。

日程

令和元年11月19日(火曜日)から令和2年3月20日(金曜日)

会場

県内幼稚園・こども園 合計20園

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉市文化振興財団外部サイトへのリンク
電話:043-221-2411

千葉のむかし話/こども語りべ講座

【千葉のむかし話】に特化し、小学3年生~大人の方までがそれぞれ分かれてむかし話を学び、語る。『伝える・表現する』を学び、『ちばを知り、ちばに親しむ』ことで地域文化の見直しをはかり愛着を育て、千葉文化を継承・伝承していく。また、講座の成果として、能舞台にて「発表会」を行う。講座を行う2階および、ホワイエには障害者用トイレがあり、障害者専用駐車場がホール敷地内にある。ホール正面玄関から講座実施の会議室にはエレベーターを完備しており、発表会実施のホール座席までスロープで移動が可能である。また、能舞台上も養生するなどし、車いす利用の受講生へのバリアフリーも実施。

日程

令和元年11月23日(土曜日)から令和2年2月11日(火曜日・祝)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

ミニ門松づくり

日本の伝統文化を守るため、職人が高齢化している中、若手にその技術・技能を引き継いでいくことの大切さを推進している一般社団法人千葉県造園緑化協会と協働し、一般県民向けに日本の伝統文化の魅力を身近に知っていただき、理解と興味を持ってもらうため、会員の若手造園技術者による「ミニ門松づくり」を開催する。会場の千葉県文化会館は、コミュニケーションボードや筆談ボードによる対応、障害用トイレや障害者席、専用駐車スペースを完備しており、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただける。お客様のご要望に応じ障害をお持ちのお客様にはサービス介助士の資格を持つ職員が斜行型段差昇降機を操作してご案内する。また、外国人の方と適切なコミュニケーションを図るため受付カウンターにタブレット翻訳機や外国語版コミュニケーションボードを設置している。

日程

令和元年12月22日(日曜日)

会場

千葉県文化会館 第1・2会議室

主催団体・お問い合わせ

一般社団法人千葉県造園緑化協会/公益財団法人千葉県文化振興財団
電話:043-222-0077(公益財団法人千葉県文化振興財団)

青葉寄席

若手の噺家による落語を楽しむイベントである。ホワイエには障害者用トイレがあり、ホール客席には車椅子スペース4台分およびその隣に介助者席を確保、障害者専用駐車場がホール敷地内にありホール正面玄関から座席までスロープで移動が可能。

日程

令和2年1月5日(日曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

第26回千葉読売写真展(会員展/公募展)

私たち千葉読売写真クラブは写真を通じで県内の写真文化の向上に貢献したいと考え活動しているアマチュア団体である。デジタルカメラ全盛期の今、だれもが写真を楽しめる時代となった。今回の写真展では会員だけでなく県内外から広く公募した写真作品を展示する。会場はバリアフリー対応である。

日程

令和2年1月7日(火曜日)から令和2年1月19日(日曜日)

会場

千葉県立美術館

応募料

小・中学生:無料、高校生:1,000円、一般:4,000円、千葉読売写真クラブ会員:3,000円

応募期間

令和元年10月1日(火曜日)から令和元年10月20日(日曜日)必着

主催団体・お問い合わせ

千葉読売写真クラブ
電話:090-1407-3680

ニューイヤーコンサート2020「世紀の祭典を祝して」

当楽団は、県内のプロオーケストラとして、県内の学校を巡回する音楽鑑賞教室、県内ホールで公演する県民芸術公演を中心に、県民にオーケストラの演奏を通じて、音楽の普及活動を行っている。公演では、普段会場に足を運ぶことが困難な障害者の方や児童養護施設の方、関係者を招待し、プロのオーケストラによる生の演奏の機会に触れ、楽団の交流を図ることを目的としている。会場となる千葉県文化会館大ホールには、障害者の移動用のエレベーターも備えてあり、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただいている。また、お客様の要望に応じて、障害をお持ちのお客様には介助の補助を行い、座席へのご案内をする。

日程

令和2年1月11日(土曜日)

会場

千葉県文化会館大ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉交響楽団外部サイトへのリンク
電話:043-222-4231

しまじろうコンサート とびだせ!ワクワクぼうけんランド

未来を担う幼児たちに舞台芸術に親しむきっかけを提供するため、幼児に広く親しまれているキャラクター「しまじろう」の劇場公演を実施する。鑑賞しやすい環境づくりとして、おむつを変え易いように全館内トイレへ長椅子を配置、授乳室の設置、ベビーカー預かり所を設けるなど、常に来館者のニーズを把握することに努め、財団全体でホスピタリティに取り組む。会場の千葉県文化会館は、コミュニケーションボードや筆談ボードによる対応、障害用トイレや障害者席、専用駐車スペースを完備しており、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただける。お客様のご要望に応じ障害をお持ちのお客様にはサービス介助士の資格を持つ職員が斜行型段差昇降機を操作してご案内する。また、外国人の方と適切なコミュニケーションを図るため受付カウンターにタブレット翻訳機や外国語版コミュニケーションボードを設置している。

日程

令和2年1月18日(土曜日)

会場

千葉県文化会館大ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉県文化振興財団外部サイトへのリンク
電話:043-222-0077

近藤良平・コンドルズ×障がい者ダンスチーム・ハンドルズ 千葉スペシャル公演

コンドルズ主宰の近藤良平と埼玉県の障害者たちがワークショップを経て2009年に結成したダンスカンパニー「ハンドルズ」の劇場公演を実施する。障がい者の文化芸術活動の成果の場を設け、多くの県民に障がい者による理解を深めていくことを目指す。千葉県文化会館では、コミュニケーションボードや筆談ボードによる対応、障害用トイレや障害者席、専用駐車スペースが完備されており、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただける。お客様のご要望に応じて障害をお持ちのお客様にはサービス介助士の資格を持つ職員がご案内する。また、外国人の方と適切なコミュニケーションを図るために受付カウンターにタブレット翻訳機や外国語版コミュニケーションボードを設置している。

日程

令和2年1月26日(日曜日)

会場

千葉県文化会館 小ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉県文化振興財団外部サイトへのリンク
電話:043-222-0077

いちはら名人寄席「三遊亭小遊三・春風亭一之輔」

本事業は、日本の伝統話芸である落語を鑑賞する場を提供し、高い芸術性を備えた娯楽に触れる機会をつくるとともに、豊かな文化と芸術の振興を図ることを目的とする。会場となる市原市市民会館は、車椅子用座席、障害者用トイレ、障害者用駐車場を設置しており、会場内はバリアフリーである他、車椅子の貸出も行っている。

日程

令和2年2月2日(日曜日)

会場

市原市市民会館 小ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人市原市文化振興財団外部サイトへのリンク
電話:0436-22-7111

千葉県こども歌舞伎アカデミー こども歌舞伎公演

世界無形文化遺産に登録されている歌舞伎に、誰でも参加できるような場を提供するため創設した「千葉県こども歌舞伎アカデミー」の公演。当日は、外国人留学生を招待し、英語版のプログラムを配布する。千葉県文化会館では、コミュニケーションボードや筆談ボードによる対応、障害用トイレや障害者席、専用駐車スペースが完備されており、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただける。お客様のご要望に応じて障害をお持ちのお客様にはサービス介助士の資格を持つ職員が斜行型段差昇降機を操作してご案内する。また、外国人の方と適切なコミュニケーションを図るために受付カウンターにタブレット翻訳機や外国語版コミュニケーションボードを設置している。

日程

令和2年2月2日(日曜日)

会場

千葉県文化会館 大ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉県文化振興財団外部サイトへのリンク
電話:043-222-0077

楽しい和

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、様々な場面でグローバル化が話題となる中、日本人として自国の文化を知り、それを世界に発信していくことはとても大切なことである。そこでこの会では、多少見聞きしながらも実際に触れたり、演奏したことのない和楽器の演奏や、和服の入り口として、夏祭りでなじみ深い浴衣の着方、お茶のお点前などを体験する場を提供することとし、次のことを目的に据えた。
<1>和楽器奏者の演奏を聴き、和楽器の素晴らしさを知ってもらう。
<2>鑑賞だけでなく、少人数ではあるが体験も行うことにより、日本の文化身近に感じてもらう。
<3>会場には英語対応のスタッフを置き、チラシやアンケートもルビを振ったものや絵英語版を用意する。

日程

令和2年2月8日(土曜日)

会場

千葉市生涯学習センター

主催団体・お問い合わせ

特定非営利活動法人BOSO
電話:070-5468-8280

伝統芸能週間

来年当館の能舞台で日本のさまざまな伝統芸能のイベントを実施。ワークショップや実演、コンサートなどを開催し、日本文化の魅力に触れる機会を創出する。ホワイエには障害者用トイレがあり、2階までエレベーターで上がることができる。またホール敷地内の障がい者専用駐車場を利用可能。

日程

令和2年2月8日(土曜日)から令和2年2月24日(月曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

能舞台JAZZ

来年2月「伝統芸能週間」の一環として、当ホールの組み立て式能舞台で中西俊博(ヴァイオリン)と竹中俊二(ギター)のデュオによるジャズ演奏をおこなう。ホワイエには障害者用トイレがあり、2階までエレベーターで上がることができる。またホール敷地内の障がい者専用駐車場を利用可能。

日程

令和2年2月9日(日曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

プレミアム・クラシック・シリーズvol.36 上原彩子&豊嶋泰嗣デュオリサイタル

2002年第12回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門において、女性として、また、日本人として史上初めての第1位を獲得した上原彩子と、弱冠22歳で新日本フィルのコンサートマスターに就任し、その後リサイタルでの好演や指揮者としてのデビューなど益々意欲的に活動を展開している豊島泰嗣によるデユオリサイタルを実施する。プレミアム・クラシック・シリーズでは、レセプショニストの配置やクロークの設置、託児サービス、ひざ掛けレンタルサービスなどワンランク上のおもてなしを意識し、お客様をお迎えする。会場の千葉県文化会館は、コミュニケーションボードや筆談ボードによる対応、障害用トイレや障害者席、専用駐車スペースを完備しており、障害をお持ちのお客様でも安心してご鑑賞いただける。お客様のご要望に応じ障害をお持ちのお客様にはサービス介助士の資格を持つ職員が斜行型段差昇降機を操作してご案内する。また、外国人の方と適切なコミュニケーションを図るため受付カウンターにタブレット翻訳機や外国語版コミュニケーションボードを設置している。

日程

令和2年2月9日(日曜日)

会場

千葉県文化会館 大ホール

主催団体・お問い合わせ

公益財団法人千葉県文化振興財団外部サイトへのリンク
電話:043-222-0077

第39回青葉能

日本の伝統芸能である、「能」を本格的組み立て式能舞台にてお楽しみいただける公演である。ホワイエには障害者用トイレがあり、ホール客席には車椅子スペース4台分およびその隣に介助者席を確保、障害者専用駐車場がホール敷地内にある。また、ホール正面玄関から座席までスロープで移動が可能。

日程

令和2年2月22日(土曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

和 - 楽しもう 鑑賞と体験

日本人として、自国の文化を知り、それを世界に発信していくことはとても大切なことである。そこでこの会では、特に舞台芸能に焦点を当て、次のようなことを目的の中心に据えた。
<1>プロとその弟子たちの舞台を通して、日本の伝統芸能を多くの人に知ってもらう。
<2>鑑賞だけでなく、体験や見学をすることにより、特に若い世代に伝統芸能を身近に感じてもらう。内容は、お囃子・長唄三味線・箏・尺八・日本舞踊・津軽三味線・茶華道の体験と鑑賞。
なお、外国の方にも参加してもらうために、英語のチラシを千葉市国際交流協会等にて配架してもらい、英語の内容説明とアンケートを配布する。また、英語によるアナウンスを行い、英語が堪能なスタッフを受付に配置する。

日程

令和2年2月22日(土曜日)

会場

千葉市文化センター アートホール

主催団体・お問い合わせ

伝統芸能に親しむ会
電話:090-7201-6730

一噌幸弘 能舞台縦横無尽ライブ

来年2月「伝統芸能週間」の一環として、当ホールの組み立て式能舞台で、和楽器(笛・尺八)と洋楽器(コントラバス・チェロ)の演奏者によるコンサートをおこなう。ホワイエには障害者用トイレがあり、2階までエレベーターで上がることができる。またホール敷地内の障がい者専用駐車場を利用可能。

日程

令和2年2月24日(月曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

第9回青葉の森落語まつり

落語の公演である。ホワイエには障害者用トイレがあり、ホール客席には車椅子スペース4台分およびその隣に介助者席を確保、障害者専用駐車場がホール敷地内にありホール正面玄関から座席までスロープで移動が可能。

日程

令和2年2月26日(水曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

第9回ちば伝統文化の森まつり

千葉県内で活動する伝統芸能保存団体を招き、ホールにて伝統芸能の実演を行う。またロビーエリアでは無料の体験ワークショップ、玄関前では新鮮市場を実施する。ホワイエには障害者用トイレあり、2階までエレベーターで上がることができる。またホール敷地内の障がい者専用駐車場を利用可能。当日パンフレットに英訳説明文を加えて配布。

日程

令和2年3月7日(土曜日)

会場

青葉の森公園芸術文化ホール

主催団体・お問い合わせ

青葉の森公園芸術文化ホール外部サイトへのリンク
電話:043-266-3511

第44回 墨の県展

千葉県水墨会は日本の伝統芸術である水墨画の普及振興を図るため、実践活動として「墨の県展」を開催し、会員の技量向上と人格の形成に努めるとともに、郷土文化の発展に寄与するために水墨画200点以上を展示公開している。併せて、日本伝統工芸品である、郷土の「房総うちわ」に描いた水墨画200点以上の他に社会福祉法人「つつじ園」の園児の皆さんが漉いた手作りの和紙「つつじ園和紙」に描いた作品約70点を展示している。会場となる千葉県立美術館には車いす用トイレが設置されており、毎年多くの皆様に御来場いただいている。

日程

令和2年5月12日(火曜日)から令和2年5月17日(日曜日)

会場

千葉県立美術館

主催団体・お問い合わせ

千葉県水墨会外部サイトへのリンク
090-7738-2996

県民の日ちばワクワクフェスタ2020

「県民の日」(6月15日)を契機に、県民の皆様にふるさと千葉への愛着や誇りを育んでいただけるよう、「千葉の”魅力”大発信! ~オール千葉2020~」をテーマに、参加・体験型のイベントを実施する。県立高校による吹奏楽・オーケストラ演奏、千葉県の伝統文化「銚子はね太鼓」の実演、その他豪華ゲストによるステージイベントなど、県内にある多彩な文化を体験できるプログラムを実施する。このほか、おしごと体験、博物館体験、文化・芸術体験などの各種コーナー、市町村PRコーナー、千葉県の食を楽しめる飲食コーナーなども予定している。また、大会開催年である2020年は、東京2020大会に関連したコンテンツも重視している。障害のある方にも楽しんでいただけるよう、会場には車いす用エレベーターが設置されているほか、ステージには手話通訳を配置し、耳の不自由な方も楽しんでいただけるよう配慮する。

日程

令和2年5月31日(日曜日)

会場

幕張メッセ国際展示場第8ホール

主催団体・お問い合わせ

千葉県
電話:043-223-2408

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化企画班

電話番号:043-223-2408

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?