ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年5月27日

ページ番号:19926

8.山・丘陵-ふさの国の絶景いま・むかし

千葉県は全国で一番標高の低い県です。県内最高峰の愛宕(あたご)山でも標高408メートルで、全国の山々に比べると可愛らしい高さです。房総半島中央部から南部にかけて広がる”山々”は房総丘陵と呼ばれています。

鋸山(富津市~鋸南町)

鋸山は、安房と上総の境にそびえる標高329メートル(県内4位)の山です。

古くから山中に日本寺が開かれ、修行の山としても有名ですが、優れた石材の産地として、産業の山としても栄えていました。

鋸山で採掘された石は房州石(ぼうしゅういし)と呼ばれ、横浜港の建設などに使用され、日本の近代化に貢献しました。

富津市金谷の石切場の光景は、その繁栄の名残をとどめています。

鋸山

九十九谷(君津市)

日本を代表する日本画家東山魁夷(ひがしやまかいい)の作品にも取り上げられた九十九谷(くじゅうくたに)は、朝もやの幻想的な風景が「千葉県眺望100景」にも選ばれています。

九十九谷

 

前のページ次のページ

お問い合わせ

所属課室:環境生活部文化振興課企画調整班

電話番号:043-223-2408

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?