ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年5月27日

ページ番号:19923

11.牧と酪農-ふさの国の絶景いま・むかし

牧(まき)とは、牛や馬を放牧しておくための区域のことです。房総の牧の歴史は古く、古代から牧がありました。

下総の牧

江戸時代になると、幕府が直接管理して軍馬や乗用馬を生産する「小金牧」「佐倉牧」「嶺岡牧」の広大な三つの牧が設けられました。

これらの牧の一部は野馬土手(のまどて)や捕込(とっこめ)跡としてその名残を見ることができます。

馬は牧で放し飼いにされていましたが、牧場内の野馬を集める「野馬捕」によって良馬を選び、飼育調教されたのち、さらに選別されて江戸の厩に送られました。

嶺岡の酪農

八代将軍吉宗は積極的に牧の整備を行い、享保13年(1728年)にインド産の白牛3頭を輸入し、嶺岡牧で飼育して白牛酪(はくぎゅうらく)というバターのような乳製品を作らせました。白牛酪は牛乳とともに薬用として珍重されました。

これが日本酪農の始まりとされており、嶺岡は日本酪農発祥の地として県史跡に指定されています。

酪農の里

記念碑

 

前のページ次のページ

お問い合わせ

所属課室:環境生活部文化振興課企画調整班

電話番号:043-223-2408

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?