ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月15日

石造物

掲載している内容は、市町村から提供のあったものです。
内容の詳細については、お手数ですが、各市町村へお問い合わせください。

  • 国指定は国指定等文化財、県指定は県指定等文化財、市町村指定は市町村指定文化財を示す。
  • ページ内をキーワード(市町村名等)で検索するには、[Ctrl](コントロール)キーを押しながら[F]キーを押してください。
県内の石造物一覧
種別 名称 所在地 概要
市町村指定 石造十三重塔外部サイトへのリンク 市原市 蟻木城跡の泰安寺にある塔高3.3メートルの石塔。
市町村指定 常住寺の五輪塔・宝篋印塔附板碑外部サイトへのリンク 市原市 建立は14世紀末ごろと推定される。
市町村指定 将門塔(宝篋印塔)外部サイトへのリンク 市原市 将門の墓との伝承がある。
市町村指定 光善寺石灯篭外部サイトへのリンク 市原市 室町時代前期の作。
市町村指定 薬王寺浮彫六地蔵石幢外部サイトへのリンク 市原市 寛永21年(1644)の年号が刻まれている。
- 馬頭観音外部サイトへのリンク 習志野市 生活を支えた愛馬の冥福を祈って。
市町村指定 宝篋院塔外部サイトへのリンク 八千代市 応永18年(1411)に造立。
市町村指定 戒壇石外部サイトへのリンク 八千代市

米本長福寺の入口にある戒めを説く石碑。

市町村指定 すわり地蔵外部サイトへのリンク 八千代市 寛文13年(1673)2月造立。
市町村指定 下総式板碑外部サイトへのリンク 八千代市 八千代市内最大の板碑。
市町村指定 長福寺の板碑一括外部サイトへのリンク 八千代市 境内から20数枚出土。最古は文正2年(1467)
- 高本入口の庚申塔 八千代市 寛延2年(1749)に建てられた駒形の庚申塔で、道標の役目も果たす。
県指定

西福寺石造宝篋印塔・西福寺石造五輪塔

船橋市 鎌倉時代後期の大型の石塔。
市町村指定 板碑外部サイトへのリンク 船橋市 弘安9年(1286)と康永4年(1345)の武蔵型板碑。
市町村指定 常夜灯外部サイトへのリンク 市川市 江戸都行徳を行き交う「行徳船」の安全を祈願して成田山に奉納された。
市町村指定 庚申五層塔外部サイトへのリンク 市川市 元禄3年(1690)に建立された病鬼を払う石塔。
市町村指定 元弘の板碑外部サイトへのリンク 市川市 法華経寺三世の日祐が書いた題目板碑。
市町村指定 庚申板碑外部サイトへのリンク 松戸市 天文12年(1543)の銘が刻まれている。
市町村指定 慶安三年銘庚申塔外部サイトへのリンク 松戸市 慶安3年(1650)の銘が刻まれ、現存しているものとしては市内最古。
市町村指定 嘉永五年銘庚申塔外部サイトへのリンク 松戸市 嘉永5年(1852)の銘が刻まれ、県内で唯一主尊に帝釈天が刻まれている。
市町村指定 寛文八年銘庚申塔外部サイトへのリンク 松戸市 寛文8年(1668)の銘が刻まれている。
市町村指定 寛文元年銘道祖神外部サイトへのリンク 松戸市 寛文元年(1661)の銘が刻まれ、石祠(せきし)型としては県内最古。
市町村指定 神明社手洗鉢・石鳥居外部サイトへのリンク 柏市 神明社は塚崎地区の鎮守で、この境内にある江戸時代に奉納された鳥居と手洗鉢。
市町村指定 車ノ前五輪塔外部サイトへのリンク 柏市 福満寺の南側妙見堂跡地にある、当地域最大最古の五輪塔。
市町村指定 おせし様板碑外部サイトへのリンク 柏市 庚申信仰とおせしさまを本尊とする月待信仰が混じり合った珍しいもの。
市町村指定 阿弥陀様板碑外部サイトへのリンク 柏市 市域ではわずかな下総型板碑で、鎌倉時代末ごろの作とされる。
市町村指定 鮮魚街道常夜燈外部サイトへのリンク 柏市 明治12年(1879)に建立された石造りの常夜燈。
- 南増尾の百庚申 柏市 天保7年(1836)前後の建立。

市町村指定

須賀神社猿田彦神外部サイトへのリンク 野田市 文政6年(1823)の造立。
市町村指定 永享五年弥陀種子板碑外部サイトへのリンク 野田市 昭和6年(1937)、愛宕駅前橋梁工事の際に発見。
市町村指定 野田町刻銘地蔵供養塔外部サイトへのリンク 野田市 寛文2年(1662)造立の銘文あり。
- 東高野路分け六地蔵外部サイトへのリンク 野田市 享保2年(1717)の建立の六地蔵。
- 桐ヶ作路分け地蔵外部サイトへのリンク 野田市 地蔵の周囲に刻まれた朱文字は現在も読取れる。
県指定 安蒜家板石塔婆 流山市 鎌倉末期の武蔵型板碑(二基)。
市町村指定 二十一仏武蔵石板碑外部サイトへのリンク 我孫子市 天台宗に関わるもので中世の信仰を考える上で非常に重要。
- 水戸・成田道標外部サイトへのリンク 我孫子市 文化13年(1816)、文久3年(1863)に建てられた道標。
市町村指定 北方前板碑外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 武蔵型板碑で、元徳3年(1331)を最古に35基ある。
市町村指定 妙蓮寺板碑及び五輪塔外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 妙蓮寺は中山法華経寺の末寺で、板碑は永享4年(1432)に造られた。
市町村指定 百庚申外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 天保12年(1841)~13年にかけて、多くの功徳を得るために100基という多数が建てられた。
市町村指定 庚申道標外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 もとは、大仏十字路付近の庚申塚上にあり、中央の1基は寛政7年(1795)に造立された。
市町村指定 道標地蔵外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 正徳5年(1715)に造立された市内最古の道標。
市町村指定 大仏板碑外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 大仏墓地周辺で発見された3基の板碑。
- 光明真言道標外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 文久4年(1864)に造られ、光明真言と大日真言を配している。
市町村指定 粟野庚申塔群外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 元禄12年(1699)のものが最も古い。
- 粟野の石塔群外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 安永8年(1779)の市内最古の馬頭観音や出羽三山講碑など。
- 孝心講建設の道標外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 明治22年(1889)以降に建立されたと推測される。
- 庚申道標外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 軽井沢字落山の路傍にあり、文化14年(1817)に造立された。
- 題目庚申道標外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 享和3年(1803)に建てられ、「南無妙法蓮華経」と髭文字が刻まれている。
- 馬頭観音外部サイトへのリンク 鎌ケ谷市 3基の馬頭観音が現存している。

市町村指定

海隣寺中世石塔群外部サイトへのリンク 佐倉市 本佐倉城の城主などの供養塔群。
市町村指定 勝胤寺中世石塔群外部サイトへのリンク 佐倉市 本佐倉城の城主・千葉胤富の供養塔など。
市町村指定 土井利勝父母夫人供養塔外部サイトへのリンク 佐倉市 土井利勝が建立した供養塔。
市町村指定 将門山大明神鳥居外部サイトへのリンク 佐倉市 佐倉藩主・堀田正信が承応3年(1654)建立。
市町村指定 鷲神社鳥居外部サイトへのリンク 佐倉市 寛文13年(1673)の建立。
市町村指定 先崎地蔵尊外部サイトへのリンク 佐倉市 慶安3年(1650)に造立された合掌姿の石仏。
- 成田山道標外部サイトへのリンク 佐倉市 七代目市川団十郎が建てた道標。
県指定 新勝寺板石塔婆 成田市 下総式板碑延元元年(1336)、明徳5年(1394)銘あり。県指定文化財15
市町村指定 石造多層塔外部サイトへのリンク 成田市 七層の石塔。応永10年(1403)銘あり。市指定文化財5
市町村指定 龍正院宝篋印塔群外部サイトへのリンク 成田市 全部で11基。市指定文化財8
市町村指定 板石塔婆外部サイトへのリンク 成田市 下総式板碑。康永元年(1342)銘あり。市指定文化財27
市町村指定 平貞胤供養碑外部サイトへのリンク 成田市 観応2年(1351)銘あり。市指定文化財28
市町村指定 板碑群外部サイトへのリンク 成田市 全部で27基。市指定文化財35
市町村指定 竜台の百庚申外部サイトへのリンク 成田市 宝暦2年(1752)~安政6年(1777)銘あり。市指定文化財38
- 北向きの道祖神 八街市 祠の小石を一つ借り、願いがかなったら、倍して返す。
市町村指定 宝篋印塔外部サイトへのリンク 富里市 基礎部に応永33年(1426)の銘あり。
市町村指定 高野六地蔵六観音外部サイトへのリンク 富里市 享保3年(1718)に建立。県内唯一。
-

阿弥陀如来(広報とみさと2004年8月15日号)外部サイトへのリンク

富里市 単独のものとして寛文11年8月23日(1671年)の刻銘をもつものがある。(2004年8月15日号)
- 釈迦如来(広報とみさと2004年9月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 江戸時代中期のものが2基ある。(2004年9月15日号)
- 大日如来(広報とみさと2004年9月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 日吉倉円勝寺の石仏群の中に二基ある。(2004年9月15日号)
- 馬頭観音(広報とみさと2004年10月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 延享元年(1744年)のものが最も古い。(2004年10月15日号)
- 如意輪観音(広報とみさと2004年10月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 享保15年(1729年)のものが最も古い。(2004年10月15日号)
- 子安観音(広報とみさと2004年11月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 市内には5基あり、安永9年(1780年)のものが最も古い。(2004年11月15日号)
- 地蔵菩薩(広報とみさと2004年11月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 市内には16基あり、享保20年(1735年)のものが最も古い。(2004年11月15日号)
- 六地蔵(広報とみさと2004年12月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 市内には明和元年(1764年)と文政13年(1830年)の2基がある。。(2004年12月15日号)
- 愛染明王(広報とみさと2005年2月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 中沢昌福寺にある天保七年(1836年)のものが市内唯一のもの。(2005年2月15日号)
- 勢至菩薩(広報とみさと2005年2月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 高野にある寛政九年(1797年)のものが市内唯一のもの。(2005年2月15日号)
- 庚申塔(広報とみさと2005年3月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 市内には17基ある。(2005年3月15日号)
- 十五夜塔(広報とみさと2005年4月15日)外部サイトへのリンク 富里市 新橋の観音堂に延享四年十月(1747年)に造立したものがある。(2005年4月15日号)
- 十九夜待塔(広報とみさと2005年4月15日)外部サイトへのリンク 富里市 市内には10基あり、高野の元禄八年(1695年)のものが最も古い。(2005年4月15日号)
- 二十三夜待塔(広報とみさと2005年5月15日)外部サイトへのリンク 富里市 市内には5基あり、日吉倉区の宝永七年(1710年)のものが最も古い。(2005年5月15日号)
- 斎念仏塔(広報とみさと2005年6月15日)外部サイトへのリンク 富里市 市内に4基あり、すべて日吉倉円勝寺の境内にある。(2005年6月15日号)
- 光明真言塔(広報とみさと2005年7月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 市内に4基あり、享和三年(1803年)のものが最も古い。(2005年7月15日号)
- 題目塔(広報とみさと2005年8月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 市内には久能潮音寺に2基ある。(2005年8月15日号)
- 出羽三山供養塔(広報とみさと2005年9月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 市内には3基あり、文化十一年(1814年)のものが最も古い。(2005年9月15日号)
- 富士講供養塔(広報とみさと2005年10月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 市内には4基あり、ほかに富士塚が1基ある。(2005年10月15日号)
- 大山講供養塔(広報とみさと2005年11月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 中沢稲荷神社にある天保十五年(1844年)のものが唯一のもの。(2005年11月15日号)
- 読誦塔(広報とみさと2005年12月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 市内には9基あり、享保二年(1717年)のものが最も古い。(2005年12月15日号)
- 廻国塔(かいこくとう)(2006年2月15日号)外部サイトへのリンク 富里市 市内には中沢昌福寺と日吉倉に2基ある。(2006年2月15日号)
- 巡拝塔(2006年3月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 特定信仰の参拝・巡礼を祈念して造立された。(2006年3月15日号)
- 地神塔(2006年4月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 五角柱に五神名が刻まれている。(2006年4月15日号)
- 石燈籠(2006年5月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 市内には3基あり、文化十四年(1817年)のものがもっとも古い。(2006年5月15日号)
- 手洗石(2006年6月15日号)外部サイトへのリンク 冨里市 市内には14基ありが、全体的に1800年代前期の造立が多い。(2006年6月15日号)
- 石祠外部サイトへのリンク道祖神外部サイトへのリンク疱瘡神外部サイトへのリンク子安明神外部サイトへのリンク天神外部サイトへのリンク)(広報とみさと2006年7~11月号) 冨里市 市内には29基ある。(2006年7月15日号~11月15日号)
市町村指定 百庚申塚外部サイトへのリンク 印西市 浦部・小林・武西地区の3か所。武西地区のもののみ市指定文化財。
市町村指定 弥陀一尊武蔵型板碑外部サイトへのリンク 印西市 昭和57年8月指定。観音寺所有。
市町村指定 弥陀三尊下総型板碑外部サイトへのリンク 印西市 昭和57年8月指定。光明寺所有。
市町村指定 延命寺の十九夜塔外部サイトへのリンク 白井市 市内最古の十九夜塔。
市町村指定 山本家の板碑外部サイトへのリンク 白井市 市内最古の板碑。
市町村指定 鳥見神社の石造鳥居外部サイトへのリンク 白井市 正徳3年(1713)に建立。
市町村指定 鷲神社の鳥居外部サイトへのリンク 白井市 宝暦9年(1759)の建立。
- 切られ庚申外部サイトへのリンク 白井市 刀の跡がついている庚申塔。
- 双体道祖神外部サイトへのリンク 酒々井町 千葉県では珍しい双体道祖神。
市町村指定 宝篋印塔外部サイトへのリンク 香取市 市内に残る石造物の中でも最大級の規模。
市町村指定 阿弥陀如来一尊来迎絵図外部サイトへのリンク 香取市 嘉元3年(1305)の紀年名のある小型の下総式板碑。
市町村指定 八幡神社板碑外部サイトへのリンク 香取市 紀年銘があるが、摩滅のため判読に異論あり。
市町村指定 寛治板碑外部サイトへのリンク 香取市 室町時代の建立と推定される。
市町村指定 長嘉板碑外部サイトへのリンク 香取市 室町時代の建立と推定される。
市町村指定 竹林山妙光寺板碑群 多古町 応安4年(1371)~永享10年(1438)の14基。
市町村指定 燈籠金石管外部サイトへのリンク 銚子市 宝永5年(1708)外浦の酒屋又兵衛が奉納。
市町村指定 板碑外部サイトへのリンク 銚子市 主尊の紅頗梨色阿弥陀如来は全国的にも珍しい。
市町村指定 板石塔婆五基外部サイトへのリンク 旭市 長泉寺に一基、光明寺に二基、願勝寺に二基。
市町村指定 熊野神社男女石外部サイトへのリンク 旭市 三川の浜にある朝こつぜんと打上げられた石。
市町村指定 下総式板碑外部サイトへのリンク 旭市 室町時代中期の建立と推定される。高さ92センチ。市指定文化財2
市町村指定 下総式板碑外部サイトへのリンク 旭市 室町時代中期の建立と推定される。高さ83センチ。市指定文化財3
市町村指定 下総式板碑外部サイトへのリンク 旭市 鎌倉時代末期~南北朝時代の建立と推定される。市指定文化財4
市町村指定 文殊院宝塔外部サイトへのリンク 旭市 正徳4年(1714)の建立。市指定文化財16
市町村指定 水神社鳥居外部サイトへのリンク 旭市 天和3年(1683)建立の銘あり。市指定文化財18
市町村指定 高峯庵宝篋印塔外部サイトへのリンク 旭市 正徳2年(1721)の建立。市指定文化財19
市町村指定 高峯庵亀座宝塔外部サイトへのリンク 旭市 宝暦9年(1759)の建立。市指定文化財20
市町村指定 六地蔵幢外部サイトへのリンク 旭市 延宝4年の銘あり。市指定文化財22
市町村指定 十五夜侍供養塔外部サイトへのリンク 旭市 元禄9年(1696)頃の建立。市指定文化財23
市町村指定 庚申塔(青面金剛)外部サイトへのリンク 旭市 安永4年(1775)の建立。市指定文化財24
市町村指定 地蔵菩薩(道標)僧ヶ塚地蔵外部サイトへのリンク 旭市 文化12年(1815)の建立。市指定文化財25
市町村指定 宝篋印塔外部サイトへのリンク 旭市 基檀内に室町時代の古塔を多く納める。市指定文化財26
市町村指定 双体道祖神外部サイトへのリンク 旭市 享和元年(1801)の建立。市指定文化財27
県指定 中台板石塔婆 匝瑳市 建長五年の銘が刻まれた下総型板碑。
市町村指定 西光寺板碑外部サイトへのリンク 匝瑳市 昭和32(1957)年5月指定。
市町村指定 西光寺小塔外部サイトへのリンク 匝瑳市 昭和32(1957)年5月指定。
市町村指定 老尾神社板碑外部サイトへのリンク 匝瑳市 昭和32(1957)年5月指定。
市町村指定 龍尾寺板碑外部サイトへのリンク 匝瑳市 昭和32(1957)年9月指定。
市町村指定 円靜寺板碑外部サイトへのリンク 匝瑳市 昭和45(1970)年3月指定。
市町村指定 題目板碑外部サイトへのリンク 匝瑳市 昭和53(1978)年7月指定。
市町村指定 五輪塔外部サイトへのリンク 東金市 室町時代の建立と推定される。
市町村指定 新宿浅間神社前の庚申塔外部サイトへのリンク 東金市 「延宝庚申6月上旬3日」の銘あり。
市町村指定 取子塚外部サイトへのリンク 東金市 天明3年(1783)の建立。
市町村指定 大壇那酒井一類の供養塔外部サイトへのリンク 東金市 永正~天正年間、この地を治めた酒井一族の供養塔。
市町村指定 元倡寺九重の塔外部サイトへのリンク 山武市 1976年7月指定。
市町村指定

庚申塔(四基)外部サイトへのリンク

山武市 道教の信仰に仏教的信仰が加わって各地で建立。
市町村指定 宝篋印塔(三基)外部サイトへのリンク 山武市 鎌倉時代中期以降、各地で建立。
市町村指定

石燈籠(二対)外部サイトへのリンク

山武市 江戸時代から神社の参道などに奉納。
市町村指定 結界石外部サイトへのリンク 山武市 禅宗の寺院に多く見られる。
市町村指定 道路元標外部サイトへのリンク 山武市 大正8年(1918)道路法によって設置を制定。
市町村指定 疱瘡神外部サイトへのリンク 山武市 疱瘡(天然痘)の防疫を祈願して建立。
市町村指定 石仏外部サイトへのリンク 山武市 発掘された真行寺廃寺との関係が推定される。
市町村指定 六観音外部サイトへのリンク 山武市 六角柱の各面に観音像を陽刻。
市町村指定 元禄大津波供養塚(二基)外部サイトへのリンク 山武市 元禄16年(1703)の大津波の犠牲者の供養塚。
市町村指定 五所神社石灯籠外部サイトへのリンク 山武市 貞享3年(1686)と元禄2年9月(1689)に造立された。
市町村指定 稲荷神社大鳥居外部サイトへのリンク 山武市 大漁と村人繁昌を祈願して、元文四巳年九月吉日(1739年)に寄進された。
市町村指定 観音寺斎念佛塔外部サイトへのリンク 山武市 造立年代は18世紀初頭で、山武地域内には他に例がない。
市町村指定 浅間神社庚申塔外部サイトへのリンク 山武市 享保元年(1716)9月に造立された。
市町村指定 板碑外部サイトへのリンク 山武市 旧松尾町にある3基の板碑。
市町村指定 六観音と六地蔵三基外部サイトへのリンク 山武市 寛文2年(1662)に造立された。
- 八十八石仏 山武市 元禄の大津波の犠牲者を供養して信者が寄進。
市町村指定 板碑外部サイトへのリンク 横芝光町 町内の6寺の板碑が指定文化財となっている。
市町村指定 無量寺六地蔵外部サイトへのリンク 横芝光町 元禄11年(1698)近隣の網主が寄進。

市町村指定

庚申塔外部サイトへのリンク 横芝光町 昭和62年2月指定。

市町村指定

光福寺磨崖仏(3体)外部サイトへのリンク 茂原市 文政9~11年(1826~28)に掘られた磨涯仏3体。

市町村指定

石造釈迦如来立像外部サイトへのリンク 茂原市 元禄4年(1691)の建立。

市町村指定

元禄津波供養塔外部サイトへのリンク 茂原市 元禄16年(1703)の大津波の犠牲者の供養塔。
市町村指定 行徳寺念仏供養塔外部サイトへのリンク 茂原市 慶安4年(1651)、信者約300名が建立。
市町村指定 庚申供養塔外部サイトへのリンク 茂原市 文久4年(1864)の建立。
市町村指定 延宝の津波供養塔外部サイトへのリンク 一宮町 延宝5年(1677)の津波による犠牲者の供養塔。
市町村指定 石造庚申塔外部サイトへのリンク 一宮町 元禄9年(1699)の建立。
市町村指定 石灯籠外部サイトへのリンク 長柄町 明暦2年(1656)の銘あり。
市町村指定 狛犬一対外部サイトへのリンク 長柄町 県内最古級の狛犬。
市町村指定 武蔵板碑(長柄小学校)外部サイトへのリンク 長柄町 康永4年(1345)の紀年銘あり。
市町村指定 武蔵板碑(安楽寺)外部サイトへのリンク 長柄町 元享4年(1324)の紀年銘あり。
市町村指定 庚申塔外部サイトへのリンク 長柄町 青面金剛像の庚申塔。
市町村指定 石幢外部サイトへのリンク 長柄町 六地蔵と思われる仏が掘り出される。
市町村指定 庚申塔外部サイトへのリンク 長南町 寛文7年(1667)の銘あり。
市町村指定 道標外部サイトへのリンク 長南町 安永6年(1777)に建てられたもの。
市町村指定 石造地蔵尊外部サイトへのリンク 長南町 寛文10(1670)年10月24日の刻銘があり、長南の地蔵尊としては古いもの。別名「泥地蔵」
市町村指定 宮成の板碑外部サイトへのリンク 長生村 昭和59年9月11日指定。
市町村指定 植村家宝篋印塔六基 勝浦市 徳川家康から勝浦城主に封ぜられた植村家の墓。
市町村指定 板石塔婆(武蔵型板碑)三基 勝浦市 夷隅郡では、この三基以外は発見されていない。
市町村指定 石造地蔵菩薩倚像 いすみ市 貞享5年(1688)に安置。
市町村指定 石造釈迦如来立像 いすみ市 江戸時代の庶民信仰を知る上で貴重。
市町村指定 石造地蔵菩薩立像 いすみ市 寛文7年(1667)に安置。町内最古の地蔵尊。
市町村指定 小苅谷地先「道標」 いすみ市 文政4年(1821)に建立。
市町村指定 弥正地先「道標」 いすみ市 文政9年(1826)に建立。
市町村指定 月夜見神社の宝塔外部サイトへのリンク 御宿町 室町時代の初期の製作。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
市町村指定 久保区行屋跡の宝塔外部サイトへのリンク 御宿町 製作年代は不明。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
市町村指定 薬師堂の磨崖佛外部サイトへのリンク 御宿町 洞窟をくり抜いて掘られたもの。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
市町村指定 堂坂薬師の磨崖佛外部サイトへのリンク 御宿町 像高は42センチ。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
市町村指定 堂坂薬師の手洗い鉢外部サイトへのリンク 御宿町 紀州湯浅村から上総の当地方へ鰯漁に来ていた者が奉納。。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
市町村指定 千人塚供養塔外部サイトへのリンク 御宿町 既設の供養塔を下ろして移築し、包括総合をした複合供養塔。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
市町村指定 真常寺石塔外部サイトへのリンク 御宿町 鎌倉で非業の死をとげた上総介平広常の供養塔。(教育課ページ内「御宿町の文化財」参照)
県指定 大巌院四面石塔附石製水向 館山市 元和10年(1624)の建立。古いハングル文字も刻まれている。
市町村指定 応永八年在銘宝篋印塔外部サイトへのリンク 館山市 年号が刻まれた宝篋印塔としては市内最古。
市町村指定 千手院宝篋印塔外部サイトへのリンク 館山市 県内最古に属する宝篋印塔。
市町村指定 磨崖十一面観音立像外部サイトへのリンク 館山市 平安時代中頃の様式が窺える。「崖の観音」という。
市町村指定 石造地蔵菩薩坐像外部サイトへのリンク 館山市 石仏では県内最古の文和2年(1353)の紀年銘あり。
市町村指定 舎那院山の磨崖佛外部サイトへのリンク 館山市 信者により彫られたとされるが、その年代は不明。
市町村指定 元應板碑外部サイトへのリンク 館山市 元応元年(1319)の紀年銘が刻まれた板碑。
市町村指定 来秀五輪塔群外部サイトへのリンク 鴨川市 地方豪族の消長を知る上で貴重な資料。総数32基。
県指定 板石塔婆(正安三年在銘) 南房総市 房総半島では「武蔵型板碑」の南限となる資料としても重要。
市町村指定 双体道祖神外部サイトへのリンク 南房総市 平成14年4月1日指定。No.17。
市町村指定 武田石翁の七福神外部サイトへのリンク 南房総市 石翁は安房が生んだ幕末の優れた石工。
市町村指定 石造延命地蔵尊坐像 南房総市 房総が生んだ偉大な彫刻家・武田石翁の作。
市町村指定 千五百羅漢外部サイトへのリンク 鋸南町 名工・大野甚五郎英令が生涯かけて刻む。
- 日本寺大仏外部サイトへのリンク 鋸南町 原形は天明3年(1783)に完成。日本一の大仏。
- お願い地蔵 鋸南町 お願いする人が小さなお地蔵さまを奉納。
- 百尺観音 鋸南町 昭和41年、6年を費やして鋸山の岩肌を掘って完成。
市町村指定 五輪塔(長楽寺)外部サイトへのリンク 木更津市 永享8年(1436)の銘あり。(市指定No.8)
市町村指定 加藤家の板碑・五輪塔外部サイトへのリンク 木更津市 五輪塔は、室町時代の特色を良く残す。(市指定No.13)
市町村指定 板碑(貞治二年在銘)外部サイトへのリンク 君津市 小糸川流域の中世の信仰形態を考える上で貴重。。(市指定No.45)
市町村指定 土屋家五輪塔外部サイトへのリンク 君津市 3基の五輪塔は台座からの高さ3.8メートルで市内最大。(市指定No.53)
市町村指定 浄信寺石灯籠外部サイトへのリンク 富津市 飯野藩2代藩主保科正景が寄進。
市町村指定 真福寺筆子塚外部サイトへのリンク 富津市 寺子屋に学んだ子弟たちが建立した塚。
市町村指定 像法寺石造宝篋印塔外部サイトへのリンク 富津市 鎌倉末期の元弘3年(1332)に造立。
市町村指定 像法寺石造層塔外部サイトへのリンク 富津市 鎌倉末期の元弘年間に造立。
市町村指定 石造宝篋印塔・石仏龕外部サイトへのリンク 富津市 宝篋印塔の基礎の部分に慶長7年(1602)の銘がある。
市町村指定 松翁院庚申塔外部サイトへのリンク 富津市 承応2年(1653)の建立で、市内最古。
市町村指定 松翁院四面石塔外部サイトへのリンク 富津市 寛文10年(1670)に檀主臼井八郎右衛門尉によって建立。
市町村指定 興源寺板碑外部サイトへのリンク 富津市 室町時代中期のもの。
市町村指定 御代原宝篋印塔外部サイトへのリンク 富津市 善擇禅門・明見禅尼という夫婦が生前供養を目的として造立。

掲載している内容は、市町村から提供のあったものです。
内容の詳細については、お手数ですが、各市町村へお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

掲載している内容は、市町村から提供のあったものです。
内容の詳細については、お手数ですが、各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?