ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月26日

ページ番号:341955

食と健康の情報|長生健康福祉センター

 グー・パー食生活の推進

健康づくりの3本柱、「栄養・運動・休養」です。

バランスの良い食事をとることが、健康づくりにつながります。

毎食、「グー・パー食生活」を参考に!!

  • 主菜は「グー」:肉・魚・卵・大豆製品のいずれかを握りこぶしの大きさで、2cmの厚さ。
  • 副菜は「パー」:野菜・海藻・きのこ・こんにゃくをまとめて片手の上に山盛り一杯

「グー」と「パー」を毎食そろえて食べましょう。

詳しくは、「ちばの食育」(安全農業推進課)のトピックス「「グー・パー食生活」でバランスのよい食生活を送りましょう。」に掲載の「グー・パー食生活」リーフレットをご参照ください。

 

栄養成分表示の活用

平成27年4月1日施行の食品表示法により、容器包装に入れられた一般消費者向けの加工食品及び添加物は、栄養成分表示が義務化されました。(新しい食品表示制度への経過期間は令和2年3月31日まで)

栄養成分表示は、容器包装に入れられた加工食品の、エネルギー及びたんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量等の栄養成分の含有量を表示したものです。

栄養成分表示を活用することで、エネルギーや栄養素がどのくらい含まれているかを知ることができ、摂取不足や摂り過ぎを防ぐことに役立ちます。

ご自身のバランスのとれた食生活のためにご活用ください!

詳しくは【消費者の方向け】栄養成分表示の活用について(消費者庁)外部サイトへのリンクをご覧ください。

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部長生健康福祉センター地域保健福祉課

電話番号:0475-22-5167

ファックス番号:0475-24-3419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?