ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年9月28日

ページ番号:421887

子どもの未来応援 気づきのチェックシート

令和元年の国民生活基礎調査の結果によると、子どもの貧困率は13.5%であり、7人に1人の子どもが、平均的な所得水準の半分以下での生活を余儀なくされています。

千葉県の次代を担う子どもたちの将来が、その生まれ育った環境によって左右されることがないように、子どもたちが健やかに育つことのできる環境の整備等を図ることが必要であり、こうした理念の下、令和2年8月に「千葉県子どもの貧困対策推進計画」(令和2年度~令和6年度)を策定しました。

計画では、重点的支援施策について、国の「子どもの貧困対策に関する大綱」に定める教育の支援などの4つの柱に加えて、千葉県独自に「支援につなぐ体制整備」という柱を定め、施策を推進することとしています。

この施策の一環として、子どもたちの身近にいる保育者や学校の先生など周りの大人が、保育所、幼稚園、学校等の現場などで子どもの貧困に気づき、適切な支援につなげるため、「子どもの未来応援 気づきのチェックシート」を策定しました。

1 コンセプト

  1. 子どもの貧困にかかわる主な傾向を意識する。
  2. 自分自身から伝えづらく、見落としやすい、経済的理由により生活上の困難を抱える子どもに気づく目安とする。
  3. 気になる子どもがいた場合に、職場内で共有し、支援につなぐきっかけとする。
  4. 新型コロナウイルスに起因する経済状況等による子どもへの影響に留意する。

2 学校や保育所・幼稚園・認定こども園等に期待される役割

日々子どもと関わる先生や保育者などの気づきは、子どもを貧困から救う上で重要と考えます。2ページ以降で示すチェックリストにより子どもの家庭環境を考えてみて、感じ取った違和感を職場内で共有してください。一方で、学校などだけでは対応できない複雑な課題が多くあり、福祉制度や関係機関などにつなぎ、お互いが連携して対応することが大切です。

3 使い方のイメージ

使い方のイメージ図

4 シート

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課自立支援班

電話番号:043-223-2309

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?