ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産業 > 漁港 > 漁港におけるプレジャーボートの係留保管について

更新日:平成30(2018)年9月27日

漁港におけるプレジャーボートの係留保管について

近年の全国的な海洋性レクリエーションの普及により、漁港を利用するプレジャーボートも増加しました。しかし、漁業の支障となる場所への係留や、漁港内での無秩序な放置・係留なども見られ、これらは、以下のような様々な問題の原因となります。

  1. 漁業活動への支障、漁業者とのトラブル
  2. 漁港施設及びその用地の私物化・私権化、公共施設の破損、沈・廃船化
  3. 津波時に流出し、漁船や周辺の家屋等に損壊を与えたり、航路等に沈没する危険性
  4. 違法駐車、騒音、ゴミ・油等の不法投棄、景観の悪化
  5. 洪水・高潮時における流水の阻害、艇の流出による災害の発生
  6. 不十分な安全管理に起因する事故や遭難

プレジャーボートを所有している方、新しく購入を考えている方へ、プレジャーボートの適正な管理と、保管場所の確保をお願いします。

千葉県におけるプレジャーボート不法係留対策について

千葉県では、公共の水域における放置プレジャーボートの係留保管の適正化を図るため、「千葉県プレジャーボート係留保管の適正化に関する条例」を施行しています。

千葉県におけるプレジャーボートの不法係留対策については、下記リンク先のページをご覧ください。

放置艇の撤去について

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部漁港課漁港管理班

電話番号:043-223-3020

ファックス番号:043-201-2617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?