ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月23日

江戸川第一終末処理場の整備について

お知らせ

江戸川左岸流域下水道の普及率は平成27年度末で77%です。下水道の整備が進むに従って、処理場に流入する下水量も増加するため、施設を拡張する必要があります。既存の江戸川第二終末処理場は施設整備が概ね終了しているため、新たに江戸川第一終末処理場の整備を進めています。

現在、平成32年度の供用開始(第1期)を目指して、用地の買収と施設の建設を進めています。

 江戸川第一終末処理場事業の概要

江戸川第一終末処理場事業計画について

平成17年1月

  • 都市計画変更素案の縦覧

平成17年8月

  • 都市計画変更案の縦覧

平成17年12月20日

  • 千葉県都市計画審議会において都市計画変更案が原案のとおり可決

平成18年1月17日

  • 都市計画決定(変更)に関する県報告示

平成18年3月3日

  • 都市計画法及び下水道法の事業計画変更認可

平成18年3月23日

  • 都市計画事業変更認可に関する官報告示

平成18年3月24日

  • 都市計画事業変更認可に関する県報公告

詳細については、江戸川左岸流域下水道事業をご覧ください。

処理場の位置

案内図

処理場の位置拡大図(JPG:164KB)

施設全体完成イメージ図

イメージ図

北西方向から見た施設全体が完成した時のイメージ図であり、今後変更になる可能性があります。

処理場の概要

概要

名称 江戸川第一終末処理場
所在地 市川市下妙典、本行徳及び加藤新田
敷地面積 約30ha
処理水量 約20万m3/日平均
処理方式 凝集剤併用型ステップ流入式多段硝化脱窒法
+急速ろ過法
放流先 旧江戸川(吐口の位置:市川市下新宿地先)
計画放流水質
(年間最大値)

BOD:8mg/ℓ
T-N:15mg/ℓ
T-P:1.0mg/ℓ

流入と放流

流入と放流(改)

整備の方針

  • 早期の供用開始を図るため必要な施設を集約して配置し、この区域を第1期区域として重点的に整備します。
  • 第1期区域の供用開始は、平成32年度を目標にしています。
  • 地域環境への影響を最小限にするため関係法令を遵守するとともに、必要な環境対策を講じます。
  • 事業地内から発生した建設残土は事業地内で再利用を図ります。
  • 省エネルギーや温室効果ガス排出の抑制など、環境への負荷の低減に取り組みます。

平面図

全体平面図

全体平面図(改)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1期計画について

全体平面図(拡大版)

処理フロー

処理フロー

第1期計画の整備予定施設

第1期計画では下記のような施設を稼動します。

一覧
施設名 施設の概要

数量

流入管渠 江戸川幹線φ2,200mm 493m
主ポンプ φ600mm×37m3/分 2台
沈砂池 幅3.0m×延長9.8m×水深0.7m 2池
最初沈殿池 幅5.5m×延長16.5m×水深3.0m 8池
反応タンク 幅11.3m×延長64.1m×水深6.0m 4池
最終沈殿池 幅5.5m×延長35.4m×水深3.5m 8池
送風機 風量約140m3/分 2台
塩素注入機 次亜塩素酸ソーダ注入2~4ℓ/分 2台
汚泥濃縮タンク 重力濃縮槽 1槽
機械濃縮機 50m3/h 2台
汚泥脱水機 510kg-DS/h 2台
汚泥焼却炉 110t/日 1基
放流渠 第1放流幹線φ1,800mm 2,578m
電気施設 受電設備 1式
付属施設 門、柵、場内整備等 1式
建築物 着水井上屋、ポンプ室上屋上屋、
汚泥処理棟、煙突、特高変電所等
1式

 

ページの先頭へ戻る

 用地の買収状況

用地買収進捗状況

第1期区域の用地買収を優先的に進めています。

用地買収の進捗状況は下記のとおりです。

(平成29年3月末現在)

用地取得状況(H29年3月)

用地買収の進捗状況

区分

全体

第1期

区域面積(ha)

30.3

9.8

買収対象面積(ha)

25.4

7.7

買収済み面積(ha)

15.9

6.9

買収率(%)

62.7

88.4

 

 

 

 

 

 

 

※区域面積には、買収対象用地の他、公共用地を含みます。

ページの先頭へ戻る

 事業用地の管理状況

千葉県では、取得した事業用地について、以下の措置を講じて管理しています。

  • 関係者以外の方の立ち入りによる事故や不法投棄を防止するため、万能鋼板等による囲いを設けています。
  • 不法投棄に対する警告看板を設置しています。
  • 年間数回の除草作業を行い、不法投棄されにくい環境や防犯上危険のない環境としています。
  • 近隣に複数の小学校があるため、子供向けに立ち入り禁止の注意喚起掲示をしています。

万能鋼板

万能鋼板による囲い

不法投棄警告

不法投棄警告看板

 

除草作業

除草作業の様子

子供注意喚起掲示

子供向け注意喚起掲示

ページの先頭へ戻る

 建設の進捗状況

主要な施設の建設工事の状況

現在、汚泥処理施設土木工事、流出渠工事、独立管廊工事及び導水管廊躯体工事を実施しています。

今後、他の施設についても順次整備を進めていきます。

主ポンプ棟建築工事

主ポンプ棟建築工事

完成外観写真

第1放流幹線築造工事

放流幹線2次覆工

完成内部写真

水処理第1系列建設工事

水処理第1系列覆蓋(完成)

完成外観写真

付帯工事の状況

下水処理場を整備するためには主要な施設の建設工事の他、工事車両通行のための仮設道路工事、雨水を一時貯留するための仮調整池工事、粉じんの飛散防止や不法投棄を防止するための仮囲い工事、外周部の植栽工事等の付帯工事が必要であり、その一部は既に完了しています。

仮設道路工事

仮設道路(施工後)

施工前

仮設道路(As)舗装

施工後

仮調整池築造工事

仮調整池(施工前)

施工前

仮調整池(施工後)

施工後

既存道路(中央通路)舗装工事

中央通路舗装前

施工前

中央通路舗装後

施工後

植栽工事

植栽その2(施工前)

施工前

植栽その2(施工後)

施工後

ページの先頭へ戻る

 地域環境への配慮(環境対策)

安全の確保

  • 工事車両の通行ルートを制限し、住宅地内の生活道路を通行することがないようにしています。
  • 危険箇所には交通誘導員を配置しています。

騒音の低減

  • 騒音が発生する作業は、時間を制限して行っています。
  • 建設機械は、低騒音型を採用しています。
  • 工事箇所を万能鋼板で囲い、遮音に努めています。
  • 特に大きな騒音が発生する作業箇所には、防音パネルを設置しています。

粉じん飛散の抑制

  • 万能鋼板、防砂ネットの設置により、粉じんの飛散防止に努めています。
  • 工事用道路に散水車による散水を行い、粉じんの飛散防止に努めています。
  • 事業地内での工事車両の速度を制限し、粉じんの巻き上げ防止に努めています。
  • 定期的に路面清掃を実施し、粉じんの除去に努めています。

交通誘導員

交通誘導員の配置

散水車

散水車による様子

 

防砂ネット

防砂ネットの設置

路面清掃車

路面清掃の様子

 

ページの先頭へ戻る

 都市計画に関する制限について(都市計画法第65条)

事業地内では、事業の施行の障害となるおそれがある土地の形質の変更もしくは建築物の建築その他工作物の建設又は移動が容易でない大きな物件の設置もしくは堆積をしようとする者は、知事等(江戸川第一終末処理場においては市川市長)の許可を受けなければなりません。この制限は法第53条の狭義の都市計画制限とは異なり、建築行為に限らず宅地造成、重量物の設置、堆積等についても制限して事業の円滑な施行を確保し、経済的な損失を防止するための制限です。

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部江戸川下水道事務所第一終末処理場建設課

電話番号:047-397-6342

ファックス番号:047-397-6321

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?