ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > 食用として処理された牛の牛海綿状脳症(BSE)検査結果について

更新日:令和2(2020)年4月10日

食用として処理された牛の牛海綿状脳症(BSE)検査結果について

平成29年4月1日から健康牛のBSE検査を廃止し、24か月齢以上の牛のうち、生体検査において原因不明の神経症状又は全身症状を呈する牛について、検査を実施しています。

  • 令和元年度検査頭数0頭
  • 平成30年度検査頭数0頭
  • 平成29年度1頭全頭陰性(4月以降の検査対象:24ケ月齢以上で原因不明の神経症状又は全身症状を呈する牛)
  • 平成28年度5,955頭全頭陰性
  • 平成27年度6,934頭全頭陰性
  • 平成26年度6,565頭全頭陰性
  • 平成25年度11,414頭全頭陰性(7月以降の検査対象:48ヶ月齢超)
  • 平成24年度24,236頭全頭陰性
  • 平成23年度29,517頭全頭陰性
  • 平成22年度26,011頭全頭陰性
  • 平成21年度27,841頭全部陰性
  • 平成20年度26,491頭全頭陰性
  • 平成19年度26,082頭全頭陰性
  • 平成18年度25,876頭全頭陰性
  • 平成17年度27,258頭全頭陰性
  • 平成16年度33,802頭全頭陰性
  • 平成15年度34,515頭全頭陰性
  • 平成14年度36,630頭全頭陰性
  • 平成13年度13,362頭全頭陰性(10月から全頭検査開始)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-3629

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?