ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農業・畜産業 > 畜産 > CSF(豚熱)について~県民の方々へ~ > 県内飼養豚等に対するCSFワクチン接種の実施について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年2月1日

ページ番号:340499

県内飼養豚等に対するCSFワクチン接種の実施について

発表日:令和2年1月31日

農林水産部畜産課

令和元年12月20日、千葉県がCSFワクチン接種推奨地域に追加されたことを受け、「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき、接種区域や接種の進め方などを定めたワクチン接種プログラムを農林水産省に提出し、令和2年1月30日付で適当と認められたことから、2月17日より家畜伝染病予防法第6条に基づくワクチン接種を開始する予定です。

接種区域

県内全域

接種の進め方

野生いのししからの感染リスクを考慮して、埼玉県や茨城県との県境地域から開始

接種開始日(予定)

令和2年2月17日(月曜日)

接種対象頭数

初回接種

約61万頭

全飼養豚等を対象

追加接種

約10万頭/月

新たに生まれてくる豚や繁殖用の豚等を対象

接種手数料

390円/1頭

ただし、初回接種については、手数料を全額免除

注意事項

  • CSFは、豚やいのししの病気であり、人に感染することはありません。
  • また、感染豚の肉が市場に流通することはありませんが、万が一、人が感染豚やいのししの肉を食べても健康には影響がありません。
  • なお、CSFワクチンを接種した豚の肉を食べても、人の健康に影響はありません。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課家畜衛生対策室

電話番号:043-223-2938

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?