ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年4月1日

自動車取得税

自動車取得税は、自動車(軽自動車を含む)を取得したときに課されます。

納める人

  • 自動車を取得した人
  • 割賦販売などで売主に所有権が留保されている場合は買主

(注)相続や法人の合併又は一定の要件を満たす法人の分割により取得したときは課税されません。

納める額

  • 軽自動車………………………取得価額×2%
  • その他の自動車
    自家用……取得価額×3%
    営業用……取得価額×2%

(注)

  1. 上記の税率は、平成26年4月1日以後に取得した場合の税率です。
  2. 無償による取得や特別の事情のある取得の場合の取得価額は、通常の取引価額になります。
  3. 電気自動車、ハイブリッド自動車など排出ガス及び燃費性能の優れた自動車については一定の要件を満たす場合、税額が軽減されます。

免税点

自動車の取得価額が50万円以下の場合は課税されません。

身体障害者等の減免

自動車税の減免と同様に、一定級以上の身体障害者などの方の足がわりとして使用する自動車又は構造変更をした自動車の取得については、登録の際に申請をすると自動車取得税の減免が受けられます

詳しくは、「自動車税及び自動車取得税の減免について」をご覧ください。

≪お問い合わせ先≫自動車税事務所(電話:043-243-2721)

申告と納税

自動車を取得した人は、運輸支局で新規又は所有権移転の登録をする際に、自動車取得税申告書に自動車の取得価額を証する書類の写し(売買契約書その他当該自動車の取得価額を証する書類の写し)を添えて、自動車税事務所の支所(千葉支所、習志野支所、袖ヶ浦支所、野田支所)で申告と同時に納めます。

市町村への交付

県に納付された自動車取得税の66.5%は、市町村道の面積と延長の比率に応じて市町村へ、28.5%は県に占める政令市の国道及び県道の面積と延長の比率に応じて一部が政令市へ交付されます。

自動車取得税の軽減制度(平成29年3月31日の取得まで)

エコカー減税

電気・天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車など、排出ガス規制及び燃費基準において国の定める一定の要件を満たす自動車については、新車新規登録時についてのみ、非課税又は税率が軽減されます。

 

中古車特例

電気・天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車など、排出ガス規制及び燃費基準において国の定める一定の要件を満たす自動車については、中古車での登録時に、取得価額が軽減されます。

 

バリアフリー・ASV特例(一部の車種のASV車両は平成28年10月31日の取得まで)

国の定める要件を満たすノンステップバス、リフト付きバス、ユニバーサルデザインタクシー、衝突被害軽減ブレーキ搭載車等(ASV車両)については、新車新規登録時についてのみ、取得価額が軽減されます。

 

詳しくは、自動車税事務所にお問い合わせください。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課課税調査班

電話番号:043-223-2117

ファックス番号:043-225-4576

――――――――――――――――――――
千葉県自動車税事務所課税課
〒260-8523
千葉市中央区問屋町1-11
電話:043-243-2721(代)
ファクス:043-243-2555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?