サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年2月23日

鉛水質基準強化に係る取組について

1  鉛の水道水質基準強化について

平成15年4月1日より「鉛」の水道水質基準が、1リットル当たり0.05ミリグラム以下から0.01ミリグラム以下に強化されました。

2  鉛給水管の現状について

水道局では、創設時(昭和9年)から鉛給水管を採用してきましたが、平成元年度以降は、ステンレス鋼管やポリエチレン管などの鉛管以外の材質のものに変更しました。

鉛給水管は、道路内の配水管分岐部から宅地内のメーター周りまでの給水管として主に使用されています。

鉛給水管の本数は、使用をとりやめた平成元年度末には約41万1千本ありましたが、積極的に更新事業を実施してきた結果、平成26年3月末現在で、約3千本が残っています。

水質の安全を確認するため、平成16年度より国が定めた「15分滞留水」法(鉛給水管内に15分間、水を滞留させる採水方法)での鉛給水管を使用する世帯における水質検査を実施した結果、水質基準に適合しています。

しかし、「朝一番の水など」の長時間鉛管に滞留した水では、わずかではあるものの、鉛の水質基準値を若干超過する可能性があります。

3  千葉県水道局の取組について

水道局では、より安全な水道水を供給する観点から、国の指導に沿って、次の対応策に取り組んでいます。

(1)水道水への鉛溶出抑制

鉛の溶出を抑制することを目的に、水道水のアルカリ側へのpH調整を行う関連施設の整備を進め、平成14年4月から実施しています。

(2)使用者への広報

給水管内に朝一番の水など、長時間滞留している水道水を飲用以外に使用していただくための広報を、平成12年3月から実施しています。

更に、平成13年8月からは鉛給水管に係る注意喚起などを加えて水道局の広報紙である「県水だより」や、「水道局ホームページ」、「使用水量のお知らせ(検針票)」などにより適時実施しています。

(3)鉛給水管の更新

最も基本的な対応策として、条件の整った箇所から順次、鉛給水管の更新工事を進めています。

【更新方法】

  1. 単独更新
     鉛給水管のみを対象とした単独の更新工事を実施
  2. 老朽配水管布設替等
    老朽配水管布設替え等の工事と合わせて更新工事を実施

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部給水課配水施設室配水工務班

電話番号:043-211-8721

ファックス番号:043-274-9806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?