サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 水道・下水道 > 千葉県水道局 > 水道局を知る|水道局 > 「ちば野菊の里浄水場(第2期)施設整備事業」について

更新日:平成29(2017)年4月28日

ちば野菊の里浄水場(第2期)施設整備事業」について

ちば野菊の里浄水場(第2期)施設整備事業は、老朽化している栗山浄水場の浄水機能(日量18万6千立方メートル)をちば野菊の里浄水場内に移転するとともに、高度浄水処理施設を導入するものです。

平成28年度から本体工事に着手し、給水開始は平成35年度を予定しています。

ちば野菊の里浄水場(第2期)整備事業の全景

1「ちば野菊の里浄水場」のあらまし

ちば野菊の里浄水場は、千葉県と東京都との都県境である利根川水系江戸川に隣接し、松戸市・市川市・船橋市の一部に給水を行っています。

同浄水場は当局で最も新しい浄水場(施設能力60,000立方メートル/日)で、県営水道事業創設期の昭和15年から稼働していた古ケ崎浄水場(現在は廃止)に代わる施設として、平成14年から建設工事に着手し、平成19年に完成しました。(第1期施設整備事業)

2「第2期施設整備事業」の目的

ちば野菊の里浄水場に隣接する栗山浄水場は昭和33年の稼働から約60年が経過しており、老朽化が著しいことから、栗山浄水場の浄水機能(施設能力186,000立方メートル/日)をちば野菊の里浄水場に移転することとしました。また、第1期施設と同様に高度浄水処理を導入することで、より安全でおいしい水の安定供給を図ります。

第2期施設完成後は給水区域北西部エリアの中核となる施設能力246,000立方メートル/日の浄水場となります。

3「第2期施設整備事業」の概要

項目

内容

建設場所

松戸市栗山478-1ちば野菊の里浄水場内

敷地面積

4.9ha(1期・2期合計9.1ha)

施設能力

186,000立方メートル/日

(1期・2期合計246,000立方メートル/日)

水源

利根川水系江戸川

給水区域

松戸市・市川市・船橋市の一部

事業費

約446億円

給水開始年度

平成35年度を予定

4「建設工事の状況」

全体写真(航空写真)

各施設の工事進捗状況

各施設の工事の進捗状況について現場写真でご紹介します。

5「事業パンフレット」のご紹介

ちば野菊の里浄水場(第2期)施設整備事業パンフイメージ

(表紙・裏表紙)(PDF:1,968KB)

(見開きページ)(PDF:1,763KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部計画課大規模更新班  

電話番号:043-211-8860

ファックス番号:043-274-9804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?