ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年7月7日

希少な野生生物の保護

 千葉県では、種の絶滅を食い止めるため絶滅危惧種の保護・回復やレッドデータブック・リストの作成を行っています。

捕獲等が禁止されている野生生物

種の保存法(正式名称:絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)で指定された希少な野生動植物は捕獲等が原則禁止されています。

また、種の保存法で指定されていなくても、野生の鳥獣の捕獲は鳥獣保護法で原則禁止されています。

絶滅危惧種の保護・回復

種の保存法で指定されているミヤコタナゴとシャープゲンゴロウモドキの保護・回復を行っています。

また、千葉県内では絶滅の恐れがあるヒメコマツについても保護・回復を行っています。

レッドデータブック・リスト

千葉県内に生息している絶滅の恐れがある野生生物の情報をまとめた千葉県レッドデータブック等を作成しています。

動植物の生息地情報の提供

生息地を保護するために絶滅危惧種の生息情報は非公開にしています。しかし、開発等の検討の段階で、絶滅危惧種の生息地を回避していただくことも重要です。

このため、県生物多様性センターでは把握している動植物の生息状況等に関して個別にアドバイスをおこなっていますので、開発等の検討の際は、ご相談ください。

  • 千葉県生物多様性センター外部サイトへのリンク     
     〒260-0852 千葉市中央区青葉町955-2(千葉県立中央博物館内)
          電話:043-265-3601/Fax:043-265-3615(土日祝日は休み)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課自然環境企画室

電話番号:043-223-2976

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?