ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 予防接種関係情報 > 先天性風しん症候群から赤ちゃんを守るために風しんの予防接種を受けましょう

更新日:平成29(2017)年1月5日

先天性風しん症候群から赤ちゃんを守るために風しんの予防接種を受けましょう

妊娠初期に胎児が風しんウイルスに感染すると、先天性心疾患、白内障、難聴を特徴とする先天性風しん症候群を発症する場合があります。
風しんの流行を防ぎ、先天性風しん症候群の発生を予防するため、風しんの予防接種を受けましょう。

定期予防接種

下表に相当する年齢の対象者は、麻しん・風しん混合ワクチンの定期予防接種を無料で接種することができます。
未接種の方は期間内に早めに受けましょう。

第1期 1歳以上2歳未満 1歳のお誕生日を迎えたら早めに接種を受けましょう。
第2期 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学前の1年間  

※定期の予防接種に関して詳しくは、お住まいの市町村予防接種担当課へお問い合わせください。

任意の予防接種

妊婦への感染を抑制するため、任意の予防接種として、以下の方についても接種をお勧めします。

  1. 妊婦(抗体陰性又は低抗体価の方のみ)の夫、子供及びその他の同居家族
  2. 10代後半から40代までの女性(特に、妊娠を希望される方又は妊娠する可能性の高い方)
  3. 出産後間もない女性

のうち、明らかに風しんの既往のある方、予防接種歴のある方又は抗体陰性若しくは低抗体価でないと確認ができた方を除いた方は、予防接種を受けましょう。
なお、任意の予防接種をお勧めしている上記の方のうち、一部の方については、市町村において予防接種費用の助成をおこなっている自治体がありますので、助成の有無等について、お住まいの市町村予防接種担当課へお問い合わせください。

※妊娠中の方は予防接種が受けられません。また、予防接種後2ヶ月は避妊が必要となりますのでご注意ください。

風しんの予防接種に関するよくある質問と答え

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?