ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年12月4日

ちばのお米

水田の写真

千葉県は8月中旬から新米をお届けできる関東一の早場米の産地です。

「ふさおとめ」の収穫が最も早く、8月中旬には「ふさこがね」、8月下旬には「粒すけ」、「コシヒカリ」の収穫が始まり、自信をもって美味しいお米をお届けします。

ちばのお米の品種

ちばには主に次の4品種があります。

粒すけ

令和2年度にデビューする千葉県の独自品種です。

幅広い世代の皆さまに様々な場面で千葉県産米を食べていただけるよう、愛称を「粒すけ」に決定しました。

粒すけの特徴

  • 大粒で、炊飯米は白く光沢に優れる
  • 程良い粘りと弾力があり、コシヒカリと同等以上の良食味
  • 魚、肉、寿司、どんぶり等色々な料理に合うオールマイティな食感

粒すけをイメージした新たなチーバくんデザイン

品種の特徴である大きな米粒、新たに生まれたフレッシュ感、この品種の光り輝く将来性をチーバくんが頭上に掲げてお披露目をしているイメージのデザインを作成しました。

粒すけチーバくん

 

 ふさこがね

平成18年にデビューした千葉県の独自品種で、千葉県の作付けの約1割を占めています。

登場してから、お取り扱いいただきました米穀小売店や料理人の方に、非常に高い評価をいただいております。

ふさこがねの特徴

  • 粒が大きく、ふっくらとした炊き上がり
  • 色白で艶があり、見た目も非常においしそう
  • やや軟らかく、もっちりとした粘りがある
  • 冷めても硬くなりにくいため、おにぎりや太巻き寿司にも最適!

ふさこがねちゃん

「ふさこがね」をお求めの際は、自然豊かな千葉県で元気に育ち、ちょっぴりお転婆なイメージの少女キャラクターが目印です。

ふさこがねちゃん

 ふさおとめ

千葉県が独自に育成した早生品種です。平成10年に登場し、千葉県の作付けの約1割を占めています。

通年安定供給が出来るお米の中では関東エリアで最も早く収穫される品種であり、多くの県内量販店で定番商品として扱われています。

ふさおとめの特徴

  • 粒が大きい
  • 炊きあがりの艶・見栄えは非常に良い
  • 粘りは控えめで、あっさりとした食味

ふさおとめちゃん

ふさおとめのキャラクターは和服の若々しい女性「おとめ」の姿と千葉県の県花である菜の花を帯に菜の花畑としてイメージしました。

ふさおとめちゃん

 コシヒカリ

コシヒカリは日本で最も多くつくられている品種です。産地間の競争が激しい中、千葉県産コシヒカリは年間を通じて消費者の皆様に安定的に供給されています。

コシヒカリは、千葉県の作付け面積の約7割を占める主力品種です。

千葉県のコシヒカリは、関東で最も早く8月末から収穫が始まり、9月の初めには新米を食卓にお届けできるところが自慢です。

「粘りが良く、つやつやしたほんのり甘みのある食感は、やはり千葉のコシヒカリ」と自信を持って消費者の皆様へお届けできる一品です

ちばのお米のキャラクター

ふさこがねちゃん、ふさおとめちゃんの使用について知りたい方は、「千葉県産米キャラクター」ページをご覧ください。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部生産振興課農産班  

電話番号:043-223-2887

ファックス番号:043-222-5713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?