ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月24日

森林整備

1.造林補助事業

森林は、木材生産だけではなく、二酸化炭素の吸収・貯蔵、土砂の流出・崩壊防止、水質浄化・気候緩和、保健・文化・教育などの多面的・公益的な機能を有しており、また、多種多様な動植物の生育の場でもあります。
これらの機能を効果的に発揮させるためには、適切な管理が不可欠です。
造林や下刈、除・間伐等の森林整備をおこなう場合、補助を受けることができます。

助についての詳細は、県庁森林課のページでご覧ください。

事業内容

事業名 事業内容
森林環境保全直接支援事業 植栽、下刈、間伐等の森林整備に対し補助
間伐・更新伐は10立方メートル以上/haの搬出が要件
森林吸収源対策間伐促進事業 森林環境保全直接支援事業の事業区域において、集約的に間伐を実施する事業箇所に適用
竹林拡大防止事業 森林環境保全直接支援事業の事業区域において、竹林を森林に再生する事業箇所に適用
絆の森整備事業 市民参加による森林整備や野生動物との共存のための森林整備を行う
森林整備加速化・林業再生交付金 未利用間伐材の利用のための伐倒・集材経費、付帯施設整備、条件整備活動等を支援

県単森林整備事業

公共造林事業を補完する事業

サンブスギ林再生・資源循環促進事業 非赤枯性溝腐病被害森林において、緊急に被害の拡大防止を図り、森林の再生によって木材の利用を推進する。

2.森林経営計画

森林経営計画制度は、森林所有者または森林の経営の委託を受けた者が、面的なまとまりをもった森林を対象に、単独または共同で森林の施業や路網整備、森林の保護等に関する5年間の計画を作成し、市町村長等の認定を受ける制度です。

森林経営計画についての詳細は県庁森林課のページでご覧ください。

3.森林国営保険

大切に育てた森林も、ひとたび災害に見舞われると、それまでに費やされた年月と人手が一瞬にして失われ、復旧には多額の費用がかかります。
万が一の災害に備えて、森林にも保険がかけられます。それが、森林国営保険です。

森林国営保険の詳細については県庁森林課のページでご覧ください。

4.間伐材の利用

間伐材の利用促進を図るため、治山事業、林道事業による森林土木工事において、間伐材を用いた工法の検討と採用を積極的に進めています。

詳細については、県庁森林課のページでご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部南部林業事務所森林振興課

電話番号:04-7092-1318

ファックス番号:04-7092-1383

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?