ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月24日

管内の概要

概況

当事務所の管轄区域は、安房及び夷隅郡市の5市と3町を包括し、区域面積は98,275ヘクタールで、県総土地面積の19.1%を占めています。

地域人口は198,412人(千葉県毎月常住人口調査平成29年4月1日現在)で、県総人口の約3.2%となっています。

また、この地域は、房総半島の南部に位置し、太平洋及び東京湾に面しているため、比較的に温暖な海洋性気候を呈しています。産業は農林業と水産業が基幹産業となっており、さらに南房総の観光地としても広く親しまれています。

管内区域図

地勢

地形

管内の地形は、河川に沿った平野部を除き、海岸線から全般的に急峻で褶曲に富んでいます。嶺岡山系のほぼ中央部に県内最高峰の愛宕山(408メートル)があり、清澄山系にあっては、石尊山(347メートル)が主峰をなしています。主要河川は東流して太平洋に注ぐ夷隅川、丸山川及び西流して東京湾に注ぐ平久里川、養老川(上流部)があります。

地質・土壌

地質は大部分が第3紀層からなり、海岸沿いは概ね第4紀層が分布しています。基岩は擬灰質砂岩または擬灰質泥岩の互層からなり、嶺岡山系に介在しています。

嶺岡層群は、軟弱な地盤であるため各所に地すべりが発生しています。土壌は粘土質に富んだ埴土または埴壌土が広範囲に分布しているほか、海岸線及び河川には砂土、砂壌土が見られます。

気象

管内の気象は、東南西の三面を海に囲まれている関係から冬暖、夏涼の海洋性気候であり、平均気温は16.8℃(館山特別地域気象観測所)で、結氷、積雪はまれです。

雨量は太平洋側で多く、年間降水量2,295mm(勝浦特別地域気象観測所)となっており、東京湾側は、比較的少なく、年間降水量は1,822mm(館山特別地域気象観測所)となっています。

林況

管内の森林面積は、54,254ヘクタールで県総森林面積の34%を占め、そのうち人工林が22,787ヘクタール、天然林が25,762ヘクタール、竹林その他が5,705ヘクタールとなっており、人工林の比率は42%となっています。

また蓄積は11,481千立方メートルで、県総森林蓄積の40%を占めています。

樹種別に見ると、位置的に暖帯林に属しているため、スギ・ヒノキ・シイ・タブ等が主体となっていますが、海岸線には、クロマツ・マテバシイ・トベラ等が多く生育しています。

「もり」の風景

管内の森林や当事務所が行っている事業に関係する風景などの一コマを写真で紹介しています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部南部林業事務所森林振興課

電話番号:04-7092-1318

ファックス番号:04-7092-1383

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?