ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月21日

ページ番号:8745

「もり」の風景3

風景3

伊予ヶ岳

伊予ヶ岳の地すべり災害

復旧後の状況

房総のマッターホルンとも呼ばれる南房総市の伊予ヶ岳(336.6m)の東側斜面に、平成8年9月の台風により大規模な地すべり災害が発生しました。大量の土砂が崩壊、地すべりを起こし、林道や地すべり防止施設を押し流しました。このため、災害復旧事業等により復旧対策工事を行い、現在は安定した姿となっています。

 

索道による木材の搬出

プロセッサによる造材

 

グラップルによる積み込み

南房総市の森林の伐採木搬出作業の風景です。伐採された木を索道で林外へ運び出し、プロッセッサーで枝払い、玉切り(適当な長さに切りそろえること)、グラップルでトラックへ積み込みます。このように高性能林業機械を使うことにより効率的、安全に作業が進められます。

 

万木城からの眺望

いすみ市の万木城公園からの眺望です。写真左側から右側に向かって夷隅川が流れています。川沿いにスギの森林が広がり、河畔林のようで、高いところから見ると川の流れの位置がよく分かります。

 

夷隅川河口、海岸保安林の遠望

太東岬灯台、夷隅川河口の眺望

霞んではっきり見えない写真ですが、太東岬から和泉浦、日在浦方面を撮ったものです。大きく広がった夷隅川の河口から大原の塩田川にかけて約3.7キロメートルにわたり飛砂兼潮害防備保安林が延びており、防災機能を果たすとともに、緑豊かな景観を提供しています。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部南部林業事務所

電話番号:04-7092-1318

ファックス番号:04-7092-1383

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?