ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月14日

プログラムの内容について

※プログラムの内容についてのダウンロードページ

【講座活性化プログラム】(全42)※それぞれプログラムの流れと、ワークシートがついています。

オープニングプログラム

【ひらく】参加者の心を開き、学び易い雰囲気を作るためのプログラム

映像教材活用プログラム

【学び合う】映像教材を通して学ぶためのプログラム

体験型プログラム

【学び合う】読み聞かせ等、実際に体験しながら学ぶためのプログラム

座談会プログラム

【学び合う】参加者同士の意見交換を通して、学び合うためのプログラム

エンディングプログラム

【深める】振り返りを大切にして、学びを深めるためのプログラム

【広報戦略強化資料】※広報のあり方を考え、企画を見直すことが大切です。

成功例から学ぶ
~チラシ作りのポイント~

【集める】
定員を超える応募があった実際のチラシをもとに、チラシ作りのポイントをつかむための資料

失敗例から学ぶ
~チラシ作りの落とし穴~

【集める】
見栄えが良くても、人を集められなかったチラシをもとに、企画からチラシを考える資料

人が集まる循環を作る
~私たちの目指す姿~

【集まる】
リピーターを増やし、口コミなどで、より多く参加者を募る仕組みができている例を紹介

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課学校・家庭・地域連携室

電話番号:043-223-4069

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?