ここから本文です。

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年3月23日

ページ番号:16326

羽田空港の国際線増枠に伴う運用について

発表日:平成26年3月26日

千葉県総合企画部空港地域振興課
043-223-2283

県は、千葉市等の関係25市町と「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」(以下「連絡協議会」という)を組織し、定期的に航空局との協議の中で、具体的な騒音軽減を求めております。
連絡協議会では、国際線増枠に伴う運用の柔軟化について、緊急要望を実施したところですが、これに対して、国土交通省より、下記のとおりダイヤ調整結果が示されました。

1.国土交通省からの回答(平成26年1月8日)

発着回数の柔軟化については、要望を踏まえ、19時以降の時間帯においても、なるべく山が高くならないようにダイヤ調整に当たり最大限配慮していく旨の説明があった。

2.平成26年夏ダイヤの定期便到着機数(1時間あたり)

  • 19時台~22時台:35~40便
  • 6時台~18時台:6~41便

3.調整結果に対する県の見解

19時以降の時間帯については、特に騒音値の重み付けがある時間帯であり、ダイヤ調整により1時間あたり40便を超えなかったことは、国土交通省として配慮をした結果であると理解している。

一方、1時間あたり40便以下にならない時間帯があることにより、騒音影響の拡大が懸念されることから、本県に集中する航空機騒音の軽減に向けて、抜本的な改善方策が急務であると改めて認識したところである。

4.今後の対応

国土交通省では、首都圏空港の更なる機能強化に向けた検討の中で、本県に集中している騒音負担を首都圏でどのようにして分担するかを環境面の視点として位置付けて検討を進めるとしている。

県と関係市町で組織する連絡協議会として、騒音影響の抜本的な改善に向け、首都圏全体での騒音分担等の具体的方策について、早急な提示を求めていく。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部空港地域振興課空港政策室

電話番号:043-223-2283

ファックス番号:043-224-1896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?