ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月15日

緑のカーテンに関する県内市町村の取組

県内市町村では、例年、地域の企業や民間団体と連携し、緑のカーテンについて特色ある取組を行っています。ここでは、各市町村の取組について、その一部をご紹介します。

公共施設等における緑のカーテン設置状況(平成29年11月31日現在)

夏ごろになると、県内市町村では、市町村庁舎だけではなく学校・公民館など様々な公共施設で緑のカーテンが設置されました。

県下市町村の緑のカーテン設置状況一覧(PDF:79KB)

主な設置状況(平成29年度)

平成29年度の市町村の主な設置状況は以下のとおりです。

柏市(柏市手賀西小学校)

ゴーヤを植えた後ろの教室は,直射日光が入ってこないため,室内のカーテンをする必要がなくなりました。

柏市緑のカーテン

 

船橋市(ゴーヤのアーチ)

本庁舎横にあるアーチに、ゴーヤ12株、一部アサガオを植えて、アーチ型の緑のカーテンを設置しました。

船橋市緑のカーテン

富里市

グリーンカーテンは南側に面しており,日当たりが良く,直射日光の室内への侵入を防ぎます。

富里市緑のカーテン

 

 

 

 

 

 

 

緑のカーテンに関する普及啓発活動(平成29年度)

市町村では、緑のカーテンを県民の方々に広く普及啓発するため、様々なイベントや普及啓発活動が実施されました。

イベントや広報活動の詳細、来年度の実施予定等については、主な市町村の緑のカーテンに関するページをご覧ください。

緑のカーテンに適した種や苗の配布

緑のカーテンには、ゴーヤやアサガオなどのつるがのびやすい植物(つる性植物)が適しています。

そのため、市町村では、県民の皆様にご家庭で緑のカーテンを育てていただけるよう、つる性植物の種や苗が配布されました。

主に各市町村の庁舎窓口やイベントで無料配布されました。

市町村の種や苗の主な配布規模
市町村名 苗(株) 種(袋) 配布したものの種類
市原市 2,245 1,482 苗(ゴーヤ)、種(アサガオ・フウセンカズラ)

印西市

13,000 ゴーヤ、ひょうたん、アサガオ
袖ケ浦市 550 ゴーヤ、アサガオ、ヘチマ、シカクマメ
松戸市 300 1,000 苗(ゴーヤ)、種(ゴーヤ、アサガオ、フウセンカズラ)

講座等の実施

緑のカーテンの育て方等に関する講座が実施されました。

講座を受講していただいた方に種や苗の配布を行っている事例もあります。

  • 柏市 緑のカーテン育て方講習会
  • 流山市 ゴーヤカーテン育て方講習会
  • 袖ケ浦市 緑のカーテンづくり講習会

コンテストや写真展の開催

以下の市町村では、県民の皆様からの体験談や写真を募集し、コンテストや写真展が開催されました。

SNSや広報誌による情報発信

TwitterなどのSNSや広報誌等を用いて、緑のカーテンに関する情報発信が行われました。

  • 習志野市『環境白書』
  • 匝瑳市広報誌『広報そうさ』
  • 南房総市広報誌『広報みなみぼうそう』等
  • 松戸市環境情報 Twitter外部サイトへのリンク
  • 松戸市広報誌『広報まつど』

※この他の市町村でも、各市町村のホームページで緑のカーテンに関するお知らせを掲載している場合があります。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部公園緑地課都市緑化推進班

電話番号:043-223-3996

ファックス番号:043-222-6447

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?