サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 県のプロフィール > 県民の日 > 7.海辺-ふさの国の絶景いま・むかし

更新日:平成29(2017)年5月10日

7.海辺-ふさの国の絶景いま・むかし

千葉県は四方を海と川に囲まれており、県内各地で水と大地が織りなす景観を楽しむことができます。

屏風ヶ浦(銚子市)

千葉県の東端の銚子地域では、県内最古の1~2億年前の中生代の地層を見ることができます。

源義経が千騎の兵をもって立てこもったといわれる千騎ヶ岩(銚子市外川漁港内)も最古の地質の一つです。

ここから南に行くと屏風ヶ浦と呼ばれる標高40メートルほどの切り立った崖が10キロメートル近く続いています。

屏風ヶ浦

九十九里浜(旭市~一宮町)

美しい海岸線が約66キロメートルにわたって続く九十九里浜は、今から約6,000年前の縄文時代前期では海になっていました。

しかし、屏風ヶ浦や太東崎の崖が波によって浸食され、その砂が堆積して、現在のような優美に伸びる砂浜の景色が生まれました。

地引網漁や海水浴などの場として広く親しまれています。

九十九里浜

 

前のページ次のページ

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?